FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
「健康」という言葉は、聞きなれていると思いますが、一体どのような
状態を健康というかご存知でしょうか?

WHO(世界保健機関)の定義では「健康とは、肉体的、精神的ならびに
社会的に完全に良好な状態にある事であり、単に病気や虚弱でないこと
にとどまるものではない」とされている。

人間の身体はたとえ病気になってもそれを治そうとする力が自然に働き
ます。それを「自己治癒力(じこちゆりょく)」と言います。

自己治癒力を高める為には、
 ①正しい食生活
 ②適度な運動
 ③休養
 ④ストレス

この4つを、バランス良く保つことが大切です。 病気を生み出すのも
習慣なら、健康をつくるのも習慣です。食生活や生活習慣を改めて
「健康は自分で守る」という意識を日々の生活に生かしていくことが
大切です。

また、生活習慣のバランスを整えるには、適度な運動と休養が必要で
す。適度な運動による病気の予防効果は次のような事があります。
 ①気分てんかんになり、ストレス解消できる
 ②体脂肪を燃焼させる
 ③良く眠れるようになる
 ④息切れが少なくなる
 ⑤筋力の低下を防ぎ、骨が丈夫になる
 ⑥便秘が改善する
 ⑦寝たきりや、ボケの予防になる

最初のうちは運動の効果を楽しむ余裕は無いかもしれませんが徐々に
実感してくるはずです。あせって結果を求めると思うようにいかず
やる気を無くしてしまいます。まずは、テレビを見ながらストレッチ
/健身棒を踏んでみる、また、意識的に「歩く事」を増やしてみるな
ど気軽に身体を動かしてみましょう。1日 10分程度の運動を数回
行っていれば、まとまった運動時間をとらなくても健康上の効果が
期待できます。

運動の習慣を改善するという事は少し体に負担をかける事ですので、「気持ち良い」感じで毎日継続出来なければ意味がありません。
スポンサーサイト
血流とは、血液が心臓のポンプ機能によって押し出され、体内各所の
細胞や臓器を回って、心臓に戻ってくる一連の血液循環のことをいい
ます。心臓は1日に8トンもの血液を送り出しています。

血流は最初、肺から送られた酸素や消化管を通じて吸収した栄養を、
動脈を通じて細胞や脳や筋肉など体内各所に送る役目をし、老廃物を
静脈で引き取って最終的に心臓に戻し、肺では再びガス交換をします。

この血流が悪くなると、体調不良や病気など身体トラブルとして表面
に現れます。血流悪化の原因は、ストレス・体の冷え・過労・運動
不足・食の不摂生・老化などがありますが、具体的な身体へのトラブル
は、頭痛・イライラ・肩こり・目の下のクマ・生理痛・神経痛・
ポリープなどが代表例です。これらは重症になると、生活習慣病を
引き起こす原因となります。

血流を改善することは、上記原因および症状の予防/改善効果があり、
健康上も美容上もとても重要です。

血流を改善する一般論は、
 ・運動すること
 ・バランスの良い食事をすること
 ・喫煙、飲酒を控えること
 ・体重を増やさないようにすること
ですが、我々がお勧めするのは健身棒(けんしんぼう)です。

台所や洗面所に転がしておき、毎日、5分から10分踏んでもらうだけ
で、劇的に血流がアップします。

どんな改善策でもそうですが、毎日行わないとその効果は発揮されませ
ん。毎日、簡単に続けるという意味でも、何かをしながら行える健身棒
はお勧めです。

(最後は、宣伝になってしまいすみません。)

気功の鍛錬(たんれん)を行うにあたって、姿勢、呼吸、意識の調整を
行う事をそれぞれ調身(ちょうしん)、調息(ちょうそく)、調心(ち
ょうしん)といいます。これは三調(さんちょう)といいます。

それぞれの意味の説明を以下に行います。

1. 調身
 正しい姿勢で正しい動作を行う
 全身の気・血がスムーズに流れる為には、筋肉に力が入っていない、
 リラックスした状態で行う必要があります。緊張した筋肉や関節の
 所は気・血が滞りやすくなります。特に首や肩等の上半身は緊張し
 やすい部位です。上半身は力の抜けた状態で下半身は安定した状態
 を心がけてください。
 気功を行うにあたって、正しい姿勢は立式、座式などによって違い
 があります。正しい姿勢と動作が気をスムーズに流れさせます。

2.調息
 ゆったりした深く長い呼吸
 日常よりも少しゆったりした呼吸を心がける様にし、一般的に吐く
 息を少し長めに行います。そして吸う時は丹田(たんでん:おへそ
 の少し下辺り)を意識するようにします。
 呼吸法は自律神経に与える影響が大きいです。

3. 調心
 雑念のないリラックスした心の状態
 現代人の多くがストレスに悩まされています。絶えず神経が緊張
 した状態が続いていて、これが大きく体の気を損ねる原因となって
 いるのです。気功法が他の体操等と大きく異なるのは、この調心に
 あります。リラックスした、頭を空っぽにした状態こそが、体の
 免疫力を高めていきます。その意味ではこの調心は三調の中でも
 最も大切なものともいえます。


気功を行うにあったってこの三つを意識し行うことで、効果が高まり
身体的・精神的に健康を得られます。