健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
私が買った本の中から、有用な部分を載せていきます。
今回は”言霊(ことだま)の法則 謝世輝さん”の
本から紹介します。

”人類すべてに共通する「宇宙の心」が存在する”

意識が現実をつくっている。
二十世紀初頭に活躍した心理学者のフロイトが説いた。
フロイトはノイローゼの治療法として「精神分析」と
いう新たな分野を開拓した。
それによって広く知られるようになったのが、潜在意識
の存在である。

フロイトによれば、人間の心の中には、いわゆる五感
という言葉で言い表せる表層意識と、無意識と一般に
いわれている潜在意識の二つの層があり、その割合は
二対八である。

つまり、私達が一般に「意識」といっているものは、
氷山の一角にすぎず、その水面下には、全体の八割
にも及ぶ潜在意識が隠されている。

したがって人間は理性(思う心)や知覚(知る心)
よりも、実は本能や習慣、さらにはまったく我々が
気がつかない深層心理によって、動かされていると
いうのである。

私達がまったく気がつかないところで、潜在意識は
絶えず私達をコントロールし、人生を左右しており、
潜在意識を動かすことができれば、信じられない
ことも起こるのである。

鎌倉時代の名僧 道元は、こうした人間のなかの
潜在意識の存在を訴え、たとえ泥棒でもいつも念じて
いれば、悪事も成就するという意味のことをいって
いる。潜在意識は、悪事すらも可能にするのである。

その潜在意識の話をさらに深めたのが、ユングである。

                 次回に続く

スポンサーサイト