健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
春から夏にかけて樹木が若葉におおわれるこの時期
が、森林浴にはもっとも適した季節だといえます。

森林の環境が人に快適感をもたらし、各種の不快な
感情を抑える効果をもつといわれる科学的なデータ
が、蓄積されつつあります。

この森林浴の効果は、人の気分をリラックスさせ、
活気ある精神状態にし、休養となり、健康づくりに
よい影響を与えてくれます。


森林浴とは、森林内には植物が発散する“フィト
ンチッド”と呼ばれる物質がただよっています。

フィトンッチッドは、もともと植物が自分を守る
ために出す殺菌物質で、消毒・皮膚刺激・消炎・
沈静・血管収縮などに効果があるといわれています。

森林内の環境は、温度・湿度の変化が少なく、風や
太陽光線の影響をあまり受けないため、人の心身に
快適な刺激を与えてくれます。

森林内で運動した場合、日常空間での運動よりも
疲労感が少ないという実験結果もあり、軽い運動を
行った場合ほどその休養効果が強いといわれて
います。

木陰での練功などは、とても適した積極的な休養
運動といえるようです。

※フィトンッチッド(fitontsid)の、「フィトン」
とは植物、「チッド」とは殺菌という意味のロシア語
で「樹木から放散されて、周囲の微生物などを殺す
働きを持つ物質」を意味します。

森林浴の基本は森林内歩行、散策です。森林浴は

   1.呼吸器系
   2.循環器系
   3.感覚器系
   4.神経系

の順に、からだの生理機能を癒し、全身の疲れから
の回復を促します。


森林浴の効果とは、騒音の伝達を遮断し、静寂な
環境を保つ。森林の静寂でバードウォッチングや
絵を描くなど、視覚を働かせると聴覚の疲れが
癒されます。

また、森林の緑の色が目の疲れを癒します。森林に
入ると、緑が目を癒してくれます。
虫の音、鳥のさえずり、風のそよぐ音、川のせせらぎ
の音に耳を傾け、聴覚を働かせることで視覚の疲れが
癒されます。

蒸散作用等によって気温を低く保ちます。森林内の
冷気に触れると、日頃冷暖房で機能低下しがちな触覚
や温度感覚が刺激され、皮膚機能が活発になり、抵抗
力が強化されます

樹木の間から漏れてくる光の日光浴は、樹葉のフィル
ターによって程よい紫外線を浴びることができ、ビタ
ミンD不足を補います。


ただ、森林浴の注意点として、フィトンチッドの作用
はすべて健康によいものとはいえません。

一方ではよく働き、他方ではヒトの防衛機能が逆に
働いて不利になることもあります。喘息(ぜんそく)
・じんましん・かぶれ等のアレルギー現象として、
無防備状態を引き起こすことが考えられます。

桜餅や柏餅・笹の葉寿司などは、フィトンチッドの
抗菌・防虫効果を利用したものだそうです。

生鮮食品を針葉樹の葉を敷いた桧(ひのき)の桶に
入れて運搬したのは、抗菌・防虫・防腐効果を利用
したものです。

冷蔵庫のなかった時代の知恵と言えます。
また、森林の近くに長期療養施設を設けたのは、
森林浴が健康や休養に効果を示すことを、経験的に
わかっていたためと思われます。

早朝気功にご参加ください。心から癒されます。
スポンサーサイト
運動に必要な筋肉を動かすためには、エネルギー
がたくさん必要になります。

そのエネルギーを作るためには、血液中の酸素に
よって、細胞に蓄えられている糖や脂質(ししつ)
を分解し、エネルギーに変える必要があります。

運動時は、ふだんの20倍もの酸素が必要だと
いわれているようです。それだけの酸素を一挙に
使うと、血液中の酸素の濃度が下がって、二酸化
炭素の割合が高くなります。

それを呼吸中枢(こきゅうちゅうすう)が察知し
て、体内に酸素をとり込むために呼吸の回数を
増やすような指令が出るわけです。

それで、激しい運動中は、少しでも多くの酸素を
とり込めるように「ハァ、ハァ」と息切れが起こる
のです。

適度な運動が一番いいですね。心臓も車のエンジン
と同じく、走行距離があります。


覚えのない会社からカタログやダイレクトメールが
届いたりして、嫌な想いをした方もいるのではないで
しょうか。

2005年4月からの個人情報保護法で対処できます。

事業者は集めた情報は特定の目的でしか使うことが
できません。
個人情報取扱い事業者が個人情報を扱う場合、利用
目的をできる限り特定することを求め、取得した個人
情報をどんな目的で利用するのか、について公表
などが必要です。

さらに、個人情報が利用目的以外に利用された場合、
本人は個人情報の利用停止(ダイレクトメールの
送付停止など)を求めることができます。

また、本人への同意を得ずに第三者への個人データ
の提供も禁止されています。

不要であれば、きっぱりと断りましょう。

電話での勧誘などについても、しつこい場合は、
どのようにして電話番号や氏名などを知ったのか
確認してください。
1.自然と一体

 近くの公園、神社、お寺など、森や林に出かけて
 みましょう。

 緑の多いところには、気分を爽快にしてくれる
 フィトンチッドという成分が満ちています。

 フィトンチッドとは、樹木が害虫などから身を守る
 ためにつくり出す殺菌作用の高い物質。
 人間には無害で、私達の気持ちを爽快にする効果が
 あるとされています。

 また、フィトンチッドには、周辺の空気をマイナス
 イオン化する作用もあります。

 マイナスイオンは、よく聞かれるかと思いますが、
 細胞を活性化し、新陳代謝(しんちんたいしゃ)を
 高めたり、自律神経のバランスを調整するなどの
 効果があります。

 そのため、マイナスイオンが多く出されている
 ところにいると、人間は自然に気持ちいいと感じ
 ます。また、フィトンチッドの多い森に行けば
 前向きな気持ちにもなれると思います。

 また、癒し効果を存分に受けたい方は、気にいった
 自分だけの大木(たいぼく)を見つけて抱きついて
 みましょう。手で触れたり、横に立ったり、座った
 りしているだけでも効果があります。

 大地、森、大木が気のエネルギーを補充してくれ
 ます。

2.カラオケで熱唱
 思いっきり歌うとスッキリ疲れがとれたように
 感じます。

 これは、腹の底から声をだしますので、無意識
 のうちに腹式呼吸をすることになるからです。

 腹式呼吸は、酸素をたくさん体内にとりこむこと
 ができ、新陳代謝を活性化してくれます。

 また、人前で歌うときは、多少緊張するかと思い
 ますが、この緊張は歌い終わったときの安堵感
 (あんどかん)とセットで、自律神経のバランス
 を整える働きもあります。

 人間には、もともと体を調節する機能が備わって
 いるので、疲れたらその分、回復させようとする
 力が働きます。献血したあと、血液の量が元に
 戻るのはその一例かと思います。
 
 少々疲れ気味というときは、思い切って熱唱して、
 もうちょっと疲れたほうが、すみやかな疲労回復
 につながると思います。

これで、たまった疲れがとれると思います。試して
みてください。さっそく自分だけの大木を見つけに
でかけましょう。