健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
定率減税とは、99年当時の小渕内閣が景気を
良くするために導入した減税の一部です。

所得税は”額の20%(上限25万円)”、
個人住民税額の15%(上限4万円)を、それ
ぞれ減額するという政策です。

その後、05年度の税制改正により、06年から
それぞれの減税額が半分に縮小されてきました。

それを06年度の税制改正ですべて廃止すること
になりました。

07年の1月から所得税、同4月から個人住民税
の減額がなくなりました。
これにより、税負担が増えることになりました。

夫婦と子2人の場合
  給与収入    増税額  
 300万円    0.9万円
  500万円    8.0万円
  700万円   14.0万円
1000万円   27.1万円
1500万円   29.0万円


家計が圧迫されることになりました。
  

スポンサーサイト
私が43歳の頃、突然、近くの文字がぼやけて
見えるようになりました。

老眼は、徐々にと言うよりも、突然やってきたと
いった状況でした。
最初は、目の疲れかと思っていましたが、いっこう
に回復しませんでした。
その後は、少しずつ悪化していきました。

これを機会に、老眼を治すまたは改善する方法を
考えるようになり、いろいろと調査を開始しました。

一般的には、老眼は治らないというのが常識のよう
でした。レンズの役目である水晶体がかたくなり、
また水晶体の厚みを調整する毛様筋の低下により、
老眼になるのではないかということです。
(図がないのでわかりにくいかと思いますが。)

私自身、老眼も体のかたさも同じく、継続的な
ストレッチにより改善されるのではないかと
思っていました。
いろいろと調査していくなかで、虹彩(こうさい)
エクサに出会いました。

早朝気功でも紹介してきました虹彩(こうさいい)
エクサです。やり方は、次のとおり。

①まぶたを閉じた状態で照明や太陽を見るように
 する(15秒保つ)
②両手のひらで目を覆い照明や太陽の光をさえぎる
 (15秒保ちます)
1日1度、10回程くり返す。明暗の刺激によって
虹彩を自然に伸び縮みさせ、毛様体筋が動くことに
よって、水晶体も十分に働き出し、ひいては老眼を
撃退するというもの。

晴れの日はいいのですが、曇りの日は電気スタンド
を使って、また毎日15秒カウントしながら、10回
程度やるのは思った以上に面倒くさく、毎日連続して
やることができませんでした。

通算3ヵ月程度はやりましたが、毎日連続してやれず
効果が確認できませんでした。個人差があるため、
もう少し長くやる必要があったのかもしれません。

試行錯誤しながら、他によい方法はないかと、さらに
調査を進め、何冊かの書籍を購入しました。

その中で、「福与 貴秀(ふくよ たかひで)医学
博士」の理論はわかりやすく、いつでもどこでも
簡単にできます。

まずは私が2ヵ月間試すことにします。結果はどう
なるかわかりませんが、今から2ヵ月後、結果を
報告いたします。福与先生にも、試すことを連絡して
おります。

興味のある方は、メタモル出版の「老眼 治らない
とあきらめていませんか?」を購入してください。
スッキリ目覚めてシャキッと起床。

寝起きは、頭がもうろうとして体がだるかったり、
こわばった感じがしたりすることも多いと思います。

スッキリしない理由は、さまざまですが、睡眠中に
換気量(かんきりょう)が減少するのではないかと
言われています。

換気量とは、肺が呼吸する空気の量のことです。
この換気量が減れば、脳や心臓への酸素の供給量
も減少して、活動レベルが低下します。

そこでおすすめは、早朝気功で言っております
複式呼吸。

女性はとくに胸式呼吸をすると言われています
ので、複式呼吸をしてください。

そこで、目が覚めたら、布団の中で複式呼吸を
やってみましょう。

やり方はいたって簡単。おなかのなかに空気が
入っていくような意識で、鼻から大きく息を
吸い、おなかをへこませながら、鼻でも口でも
いいので、ゆっくり息を吐きます。

手を胸とおなかに置き、胸ではなく、おなかが
動いているのを確かめるようにするのがコツ。

これで酸素が大量に供給され、体と頭がスッキリ
起床モードになります。

また、いつも言っていますように起きてすぐに
水分を補給してください。

ちょっとしたことですが、続ければ必ず効果が
あります。