FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
免疫学問答 新潟大学教授ー安保徹先生 福田稔医師 の書籍から 


ガンを治すには

まず第一に、ガンになる最大の要因はなんでしょう。

それはストレス。なかでも心の悩みであると思います。
心の悩みは交感神経の緊張を呼ぶ。そして交換神経の緊張が続くと、
以下の四つの弊害が生じてきます。

①顆粒球が増え、活性酸素の大量発生による体組織の破壊が起きる。
②血流障害起きる。
③リンパ球が減少する。
④排泄や分泌の能力が低下する。

ということは、どういう体調であればいいか。

副交感神経が優位であり、しかも「からだが温かい」、「食事がおい
しい」、「気分がゆったりとしている」、「楽しい」、「ありがたい」
というように感じられることです。

もちろん、いつもそうであるわけにはいきません。どうしても不機嫌
になってしまう場合もあるでしょう。バリバリ働かねばならないことも
あるでしょう。

しかし、その後ゆったりとくつろぎ、それこそ神に対する感謝の念を
持つような心の状態にすれば、いつもニコニコ副交感の状態になる
ことも難しくはありません。

ここでガンにならないための六箇条をあげてみましょう。

①働きすぎをやめ、十分な睡眠をとる。
②心の悩みを抱えない。
③腸の働きを高める。
④血行を良くする。
⑤薬漬けを避ける。
⑥ガン検診は受けない。

とくに⑥は、検診によって疑いありとされ、検査に時間がかけられれば、
そのストレスは予想もつかないほど激しいものになります。

そのストレスは交感神経緊張から顆粒球の増加をもたらし、かえって
ガンを誘発してしまう。


それよりも、毎日の生活を免疫力を高める生活にすることです。ガンと
いっても、それは現れたり、退縮したり、なくなったりしていることも
考えられるのですから。

医者の手で熱心にガンを探すよりは、ふだんの生活のなかで、体調を
チェックするほうが大切だ。
①顔色が悪い
②疲れやすい
③食欲がない
④眠れない など

思い当たることがあったら、生活の見直しをして、そこではじめて
検査を受けるといいでしょう。

あせることはありません。ガンが進行するのは、体調が悪いのに無理を
続けるからです。体調が良くないと自覚したら、それなりの養生を
すればガンは進行しないのですから。

ガンの告知を受けてもパニックを起こすことはありません。ガンになっ
てもすぐ死ぬわけではないのですから。

ガンで死ぬのは、抗がん剤、放射線、手術などの治療を受けるからです。
ガンを治すために大切なことは、交換神経の緊張をやわらげ、副交感
神経優位の世界に入ることなのです。

また転移は治る前兆です。

これは、胸腺外分化T細胞がガン細胞を異常自己と認識し、これを攻撃
したために起こる現象と考えられています。リンパ球はガン細胞を破壊
するタンパク質を使って、ガンと戦っている。その影響で組織周辺に
炎症が生じて発熱するのです。

ガン細胞は熱に弱い性質がある。転移の発熱は、いわば人間のからだに
備わった天然の温熱療法と言えます。

やがてガンはリンパ球に打ち負かされ、そこから散らばって逃げ出す。
つまりこれが転移です。

転移先のガンは小さくなっている。リンパ球はこれを追いつめ、殺して
しまう。そして、元のガンの巣も自然退縮するにいたるのです。

熱を下げないようにすることが何より大切なのです。ガンは免疫力だけ
で戦える。

医師を含めて大勢の人が、免疫力だけではガンは治らないと考えてい
ます。これは誤りです。そもそも人がガンになったのは免疫力が落ち
ていたからで、リンパ球がしっかり働いていなかったからなのです。

ガンは自然退縮するのが普通なのです。

発熱、発赤、痛み、下痢などの患者にとって不快な症状がこわれた組織
を修復するための治癒反応となっていることを知る必要があります。

ここまでが書籍の内容をまとめたものです。

気功の良さは、呼吸法をはじめ、瞑想など、副交感神経を優位にする
うえで、一番すばらしいと感じております。

次回のブログで紹介しますが、どんなにパニックになっても、緊張して
脈拍がバクバクしても、「私は大丈夫、落ち着け、落ち着けと」メンタ
ルでは解消できません。このときは、呼吸が浅く、酸欠状態となるの
です。場所や時間帯による呼吸法をやるだけで、余裕ができ、平静に
戻れます。

かくりん健身練の気功療法にこられている男性のなかに、医者に放射線
治療を勧められていますが、拒否し続け、毎日、気功法+鶴林寺公園を
歩きながら気功法をおこなっている方がおられます。余命も宣告されて
いますが、ガンのマーカ値はおどろくほど良くなっています。

また、1年間だけ抗がん剤をすると決心し、先日、1年が経過したので、
抗がん剤をやめられた方もおられます。

私自身、ガンに限らず、病気の本質を知れば、恐ることはないと思います。
新開’発気功免疫療法は、これらをすべて網羅した改善法です。
スポンサーサイト
過去にとらわれて前に進めない方、病気の恐怖に苛まれて苦しんでいる方、
ここに気と潜在意識の力を発揮している一人のすばらしい女性をご紹介いた
します。

きっと皆さんも共感され、明日から一歩が踏み出せると思いますし、ぜひ、
一歩を踏み出していただきたいと思います。

以下のとおり、重い状態で私の気功療法に来られました。10月1日に
メールをいただき、10月9日、1回目の気功療法のため、ジョーシンの
駐車場まで迎えに行きました。

私自身、一人で車を運転して来られたことにまずは驚きました。そして、
杖をつきながら必死に歩いている姿を見て、姫路からよく来ていただいた
とつくづく思いました。

すごく素直な方で、潜在意識の話も真剣に聞かれていました。感謝の瞑想も
しっかりとされ、もっとも驚いたのが、「私へのありがとう」も毎朝、毎晩
言われていると聞き、私自身、パワーをもらえていることに、心から感動い
たしました。

それでは、このすばらしい女性からいただきましたメールをご紹介いたします。


メールの内容 

 私にとって重要だと思えることは、アメリカへ行こうと思えたことへの
 自分の変化です。

 がんの再発転移がわかった昨年3月に、抗がん剤治療を拒否したため、
 以前の主治医にこのままだとあと1年か2年の命だと言われました。

 その後は、食事療法や自然療法と言われるものを試しましたが一向に良く
 ならず、腫瘍マーカーの値はどんどん上がり続けました。

 とても厳しい食事療法と良い結果が出ないことで昨年10月ごろにはスト
 レスはピークに達していました。

 そのころ「気功」という言葉が頭に浮かび、以前にHPでも拝見したこと
 のある新開先生の気功治療を受けることとなりました。

 その日にいきなり、食事療法なんて一切いらない、希望を持って治るん
 だという強い気持ちを持つこと。お金をかける必要はない。自分の望みを
 潜在意識にインプットしさえすればいい、、。

 そのようなことを新開先生は言われました。その力強い言葉に元気が湧い
 てきて、その日からおいしいと思えるものを食べるようになり、心も安定
 してきました。

 潜在意識についても本を読んだりして瞑想をはじめました。その後の私の
 変わりように周りの人々がとても驚いていたのを覚えています。

 3月から10月まで食事療法を続けていた間の私はいつも疲れていて、気分の
 浮き沈みも激しく周りにも迷惑をかけ続けていたと思います。

 付き合っている人がアメリカにいて、彼はそんな私を辛抱づよーく支え
 続けてくれていました。

 彼に会いたいし、アメリカに行きたいな、、、と思いながらも元気がないし、
 杖歩行だし無理!と思う日々が続いていました。

 でも先生の治療を受け始めてすぐ、杖なんて関係ない、アメリカへ行こう!
 という風にすんなり気持ちが変わっていきました。

 一部家族の強烈な反対があったものの、この年末年始にアメリカへ1か月間
 滞在し、先日おかげさまで無事に帰ってきました。

 本当に何のトラブルもなく。空港のスタッフの方や、向こうでは見知らぬ
 人にも親切にしてもらって、楽しく、ゆったりと過ごすことができました。

 アメリカでの滞在半ばあたりから、家の中で杖をあまり使わなくて済むよう
 になりました。今も家の中ではほとんど杖を使っていません。

 そして帰ってきてからの血液検査では、腫瘍マーカー値・肝臓値・白血球値・
 骨転移を表す値などなど改善されていました!
 腫瘍マーカー値は正常値にはまだ遠いですが、大幅に良くなっていました。

 今は効果は、ゆるやかだと言われる抗がん剤も飲んでいますし、いろんな
 要因があるのだろうとは思いますが、やはり、心の作用ということが一番
 大きいと実感しています。

 気功治療はもちろんのこと、先生の所に伺うと心(潜在意識)の持つ力の
 大きさを改めて感じることができます。

 いつも先生や周りの皆さん、そして自分がこうして生きていることへの感謝を
 忘れず、自分ができることを毎日淡々と続けて行きたいと思います。

 自宅では、健身棒踏み、ストレッチ、呼吸法、感謝すること、朝晩の瞑想を
 おこなっています。瞑想はリラックスすることで潜在意識とつながることが
 できると信じていて、心の拠り所となっています。

ここまでがメールに内容となります。

私が気功療法に来られた方へ最初に説明することがあります。主に以下のよう
なことです。

①病気は自分自身がつくったもの、自分にしか治せないということ。

②寝て、食って、出せたら人は死なないということ。

③ガンをはじめ、重い病気になるには、5年から10年はかかる、治るのにも
 それなりの時間がかかるということ。

④潜在意識のすばらしさ、良い種をまけば、良いことが起きるということ、
 奇跡が奇跡でなくなるということ。

この四つのことを本気で思ってくれる方、そして気功療法に来ていただき
ながら、自宅での気功法や感謝の瞑想法をやってくれる方は必ず良い結果へ
とつながります。

多くの方が実行されていますが、極端な食事療法は必要はありません。苦痛に
なり、逆効果になるからです。とくに気力も落ちていき、一番大切な生きる力
が無くなっていくからです。

私の尊敬します帯津先生(帯津三敬病院の先生)が、「おいしいものを少し
食べる」と言っておられます。帯津先生は、自身の健康診断の前日、婦長さん
から、明日は健康診断なので、お酒を飲まないようにしてくださいと、アドバ
イスをいただいたとのことでした。

このアドバイスに対して、帯津先生は、明日、死ぬかわからないのに好きな
酒をやめて、もし死んだら後悔すると言って、前日も酒を飲んだということ
でした。また、帯津先生のワクワクは、カツ丼を食べることだとも言って
おられました。

食べることの大切さ、食べることの楽しみ、これまでの気功療法でつらい目
にも会いました。食事が苦痛(砂を噛んだような味)で、体力がなくなり、
やがて衰弱して亡くなる方を何人も見てきました。

「いただきます、ごちそうさま」と、感謝して食べることが本当の心の栄養
ではないでしょうか。

母親のつくってくれた”おにぎり”は、どんな漢方より、どんなサプリメント
より、すばらしい心のエネルギーがあります。

自分の潜在意識(自己修復力)を信じること、そして一番大切なことは、一心
不乱に続けることです。

とにかくやる。とにかく進む。人生の時間は止まらない。感謝して、精一杯
生き抜くこと。これが潜在意識をフル稼働させる秘訣です。

メールをくださった女性は、新開'発気功免疫療法を素直にきっちりとしていた
だいております。しかも、やらされているとういう感じではなく、心の拠り所
として、信念をもってやっていただいております。

このように、一人でも多くの方が、このすばらしい女性のようになっていただき
たいと願います。

この度のブログは、この女性のご理解とご協力のおかげで、書くことができ
ました。心より感謝いたします。

多くの方へ勇気を与えるメッセージとして、今後の気功療法に活用させていた
だきます。

                       ありがとうございます。