FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
「医者に寿命を縮められてはいけない」 石原結實(いしはら・ゆうみ)著

健康を気にしすぎる人のほうが死亡率が高い

定期的に健康診断を受け、几帳面に薬を飲んでいるのに体の不調が
絶えないという人は多いものです。

医療機関にまったくかかる必要はないとまではいいませんが、あまり
頼らないほうが健康でいられることを裏づけた一つのデータがあります。

1970年代にフィンランドの首都ヘルシンキで、興味深い研究が
行われました。循環器系の病気の危険性がある40~50代の患者を
600人ずつ二つのグループに分け、15年間にわたって正反対の
指導をするというものです。

一方のグループには綿密な健康診断を行いました。4ヵ月ごとに受信
させ、食事、運動、飲酒、喫煙に関する指導を行ない、血液検査の
数値が悪かった患者には降圧剤やコレステロール低下剤などの薬も
処方するという入念なものです。

もう一つのグループには健康指導を一切行いませんでした。定期的な
診断を義務づけることもなく、自己判断で好きな物を食べ、勝手気まま
な生活をするようにうながしたのです。

この二つのグループの健康状態を15年後に比較したところ、一般的
な常識から大きくかけ離れた結果が表れました。

しっかりと健康指導を受けたグループのほうが、死亡率がずっと高かっ
たのです。

心疾患で亡くなった人は2倍、ケガや薬の副作用などの外因死では
じつに16倍、総死亡数でも1.5倍にも及びます。

この調査結果は、マスコミで「フィンランド症候群」と呼ばれ衝撃と
ともに受け止められました。

フィンランド症候群は、ストレスが人の体に及ぼす役割を如実に物語っ
ています。

私たちの体には、ガン細胞やウイルスをやっつけるNK(ナチュラル・
キラー)細胞という免疫細胞が備わっていますが、このNK細胞を
弱らせる一番の要因は真面目な性格や生活からくる「ストレス」なの
です。

細かい健康指導を受けたグループは、食生活や飲酒を制限されるなど
の過度な干渉をストレスと感じ、結果的に損なったのでしょう。

もとは同じような健康上のリスクを抱えていても、体の喜ぶ物を食べ、
楽しくすごしたグループのほうがNK細胞を活性化させ、免疫力を
高めたと考えられます。

自分自身の健康を保持するためには、健康は自分で守るのだという覚悟
が必要です。一般的な健康常識を安易に受け入れるよりも、自分の
直感や本能を大事にすることこそが、健康を維持する秘訣といえるで
しょう。

ここまで。

身体をこわした方の多くが、塩分を少なく、糖分を少なく、玄米に
して、有機栽培にして、そして定期的に病院にいき、言われるがまま
に多くの薬を規則正しく服用します。

何年前からでしょうか、病院が漢方をだせるようになりましたが、
薬にしろ、病院の治療にしても、すべてが受け身なのです。
自分自身に原因があるにもかかわらず、人任せで治るはずはありませ
ん。

四六時中、潜在意識は元気に戻ろうと頑張っているのに、手術や薬で
この戻ろうとする力にブレーキをかけるのです。

真面目な人=プライドの高い人=劣等感の強い人=安定感を求める人

病気にならない生きる力の源泉とはなんでしょうか。

病気の方の多くは、自分の外部にあるものばかりに気をとられ、外的
な状況によって一喜一憂を演じて来たのです。

自分が受ける病気も悩みも、すべて自分以外の状況によって左右され
てしまうと信じてしまい、それらの環境やそうした条件が変わる度に
運の良し悪しを悔やんでみたり、恐れたり妬んだり(ねたんだり)、
恨みを抱いたり、後悔したりしています。

すべて自分以外の力や圧力によって、決められるという迷信を抱き、
そうした心配や迷信、妄想が常に心を混乱させています。

この瞬間から変わってほしいのです。

痛み、腫れ、水がたまる、膿が出るなど、改善している証しです。

この状態に感謝し、人生を調和と平和に満ちた積極的な素晴らしい
天国にするのも、苦悩と悲惨といった地獄にするのも、すべて自分自身
のなかにあるのだ・・・、ということを悟ってください。

マーフィー博士のある本に、借金だらけで督促状がくるなかで、金持ち
になれると思うことは難しい、ほとんどの人がここであきらめます。
今の状況では絶対に無理だ。
しかし、この状態でも信念をもって信じ続ける人もいます。今自分に
できることは何かと考え行動し、潜在意識に信念を吹き込むのです。
病気もまったく同じです。

いいときだけが、気や潜在意識ではなく、悪い時にもとにかくやる。
すべては心の持ち方しだい。真面目にしすぎず、多少いい加減でいい
のです。

自分が変わらなければ、運命も病気も好転しません。
スポンサーサイト
気功療法をおこなってきて感じた言葉の大切さです。


自分で自分の足を引っ張るものの言い方の人が、たくさん来られます。

「悪いのは私ではない」も、見事な言い訳です。

いつも被害者に身を落とすより、人生でいろいろなことが起こっても
自分で責任を取るほうが望ましいと感じます。

私がすべてできるかと言えば、そうではありません。ただ、気功を
通じて、わかるようになってきました。

「病気は私のせいじゃない」「職を失ったのは私の落ち度ではない」
などと言うよりは、進んで責任を取るようにすれば、将来の変化は
見通せるようになるのではないでしょうか。

気功療法も200名以上の方が来られ、とくに難病やガン、原因不明
の病で悩まれたり、不安や恐怖のなかで日々苦しまれている方が来ら
れます。

病気について、最初に来られた方に説明書をお渡し、また説明もします。

ほとんどの方が、病気のオーラで自分自身で覆い(おおい)、悔やんで
います。

しかし、例えば、「病気の責任は全部自分にある。また病気になら
ないようにできることは何だろう。食生活を変えることができる。
ストレスを減らして、身体を動かすことができる。睡眠も十分に取ろう」。

この言い方や考え方によって、どれほどパワフルになれるでしょう。

職を失ったときも同じです。自分の責任を感じれば、次の機会に備える
ことができます。どんな対策を講じれば、違った結果になったのか
知ることができます。

人生をコントロールしているのは、全てその人自身なのです。

例えば、「それは問題だ」という言葉は弱体化につながります。とても
重苦しくてネガティブです。「いい機会だ」という言葉は、成長への
ドアを開きます。困難な状況にもやりがいを感じながらボジティブ
です。

前者は、心配させて眠れぬ夜をもたらすでしょう。後者はやすらぎと
穏やかさをもたらすでしょう。

よく耳にする言葉ですが、「最悪だ」は、もっとも不適切な場面で
使われる言葉です。

たとえば、「寝遅れてしまった。もう最悪だ!」、「3キロも太って
しまった。最悪じゃない?」、確かに不都合な状況ですが、最悪と
まではいきません。

日常生活のなかで、些細なことについて、この「最悪だ」と簡単に
使っています。

過去にも書いたのですが、潜在意識は「最悪だ・・・・不幸・・・
不幸・・・・」と記憶します。入り込みます。刷り込まれます。

この瞬間から、「最悪だ」の代わりに「学習の機会だ」に切り替え、
パワフルになりましょう。

【言葉が証明する魔法の方法】
何名かいる場合や何かのサークルでもいいです。一人を指名して、
腕に何か悪いことがないかを確認します。

どちらかの手で握りこぶしをつくって、体の横側に肩の高さまで、
その腕を伸ばしてもらいます。

正面からだれかがその腕をつかまずに、手のひらを開いた状態で
押し下げるので、できる限りの力を絞って抵抗するように指示します。

この一回目で、相手の腕を押し下げることは、ほとんどできません。

次に腕を下ろし、目を閉じて「私は弱くて、ダメな人間だ」と、
ネガティブな言葉を10回から20回くり返してもらいます。
その言葉に込められた感情を心から味わうようにしてもらいます。

目を開けて、先ほどと同じように腕を伸ばしてもらいます。力を
込めて抵抗するように念をおします。

すると、相手の腕をすぐさま押し下げることができます。
何度やっても同じことになるのです。

おわかりでしょうが、目を閉じて今度は「私は強くて、立派な人間だ」
と、ポジティブな言葉を10回から20回くり返してもらうのです。
その言葉に込められた感情を心から味わうようにしてもらいます。

目を開けて、先ほどと同じように腕を伸ばしてもらいます。驚くこと
に腕はびくともしません。しっかりしています。

ネガティブな言葉とポジティブな言葉、私たちが口にする言葉の
持つパワーを見せつけた驚異的な事例です。

たた口にするだけで、潜在意識(うちなる自己)はそれを信じます。

うちなる自己、私がよく使う「もうひとりの本当の自分」は、真実と
ウソの見分けがつかないのです。

「私は弱い」という言葉が入ってくれば、自分を構成しているその
他の部分に「弱くなれ」と指示をだします。「私は強い」という
言葉が入ってくれば、体に対して「強くなれ」と、指示を出します。

生まれつきポジティブな人間はいません。訓練です。継続は力なり。


健身練の気功療法では、来られた方に、病名を言わないように指示
しております。その理由は上記のようになるからです。

私自身も人生の修行中です。訓練の最中です。

皆さん、いかがでしょうか。