FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
この世界、いえこの宇宙で「変わらないもの」は何一つありません。

すべてのものが変化しつづけています。

変わらないようにみえるのは、変わっていないのではなく、変わる
早さがゆっくりなだけのことです。

ある本に書かれていましたが、そうした「変わらないものは何ひとつ
ない」この世界や宇宙で、たった一つだけ変わらないものがあるという
のです。

それは、「変化しないものは何もない」という法則です。これだけは
変わりようがないということです。

以前にも書かせていただきましたが、私であれ、皆さんであれ「1年前
とは全く別人」なのです。

私たちは本能的に「安定」を求めて、「変化」を避けようとします。

しかし、自分を守ろうとしている肉体でさえ、常に変化しているのです。

◎肌の細胞 → 約28日

◎小腸の内壁細胞 → 約2日

◎胃の細胞 → 約5日

◎筋肉や肝臓などが → 約60日

◎骨の細胞 → 約3ヵ月~半年ぐらい

新陳代謝を繰り返しているのだとか。

つまり、細胞レベルでみると、ほんの一部の器官を除いて、私たちの
身体の細胞は約1年で入れ替わっており、私を含め、昨年の同じ頃の
皆さんと今の皆さんとでは、物理的にほとんど別人と言っていいくらい、
変化しているのです。

ここからは、私自身にずっと言い聞かせている内容でもありますが、
「”安定”を求めるほど”不自由”な境遇が待っているということです。」

皆さんが、「世の中の変化が激しくついていけない」と思うなら、それは
変化を否定し、安定にしがみつこうとしているからかもしれません。

安定を強く求める気持ちが、変化を遠ざけ、変化を恐怖のものにしている
のです。

変化は否定すればするほど、怖くなるだけです。

人の本質は、自由と変化なのです。

私も会社員生活を30年以上おくってきましたが、安定しているという
ことは、不自由な状態だということにいつしか気がつくようになりました。

言い換えると、「自由な状態こそ、最も不安定な状態」です。

少し誤解があるかもしれませんが、昔から公務員は安定している職業と
されていますが、「~してはいけない」という規則がいろいろと決めら
れており、かなり自由が制限されていると感じます。

一方、音楽家や画家などの自由業は、安定した職業ではないかもしれま
せんが、多くの制約から自由です。

変化を恐ることはありません。自由と変化という本質の部分に立ち返れば
いいと思うのです。

今までの延長線上に未来を描こうとするから、うまくいかなくなるし、
明るい未来を描けなくなるのです。

皆さんが変われば、世界が変わります。しかし、皆さんが変わらなくとも
世界は変わります。

変化を避けられないことだけは確実です。

仕事を中心に書きましたが、病気にしても、日常生活にしても同じです。

前回も同じようなことを書きましたが、変化していきましょう。

「できる、できる、絶対できる!」
スポンサーサイト
心屋仁之助さんの書籍から。

何となくというフィーリング
直感、たまたま、ご縁

流れがきているのに、どこかの杭(くい)にしがみついて、流されないように
頑張るよりも、どこに行くのかわからないけれども、パット手を離して流れに
身を任せて生きると、思いもよらないどこか知らない素晴らしい世界へたどり
着きます。

これが実は、「やりたいこと」「夢」を叶えるコツなのです。

この流れの中で、杭から手を離す勇気、それさえ持てればいい。

成り行きに任せる、行き当たりばったり、困ったときに考える勇気です。

まぁ、勇気を持たなくても、そのうち流れがどんどん強くなってきて、杭から
手が離れて流されてしまう人も多分出てきます。

そのとき、「ああ、もっと早く流されていればよかったな」とわかるのです。
だから、早くあきらめてください。

もう流れがきています。

”動く時期”は、きているのです。

では次に、自分を”さらけだして”生きてみる。

「自分がやりたいと思っていることをやる」

「自分がやりたくないと思っていることを早くやめる」

自分が今、したくないのにしていること、実はやめたいことを、箇条書きで
たくさんあげてみてください。

たとえば、愛想笑いをやめたい、タバコをやめたい、満員電車の通勤をやめたい、
髪を染めているのをやめたい、今の会社をやめたい、ずっとネットを見ている
こと、友人との長電話、フェイスブックに登録していることをやめたい・・・・。

そして、「やめたいこと」をリストアップしたら、それを「簡単にやめれる順」
に番号をつけてみてほしいのです。

というのは、難易度の高いものをいきなり実行するのは、やはり大変です。

そして、その「一番簡単なもの」から、やめてほしいのです。

というのも、「やりたくないこと」をやっている時間は我慢の時間だから、スト
レスがたまります。

ストレスって、簡単に言うと「我慢」です。

我慢を続けていると、不平不満がたまります。心にも、体の中にも、ゴミが
たまります。その結果、病気になります。

「本当はやめたい」と思っていることを、一刻も早くやめてください。今、この
瞬間に決断することです。

「やめたいこと」をするのに時間を使っているから、「やりたいこと」が
できないのです。

やめるときには、「損をしてもいい」と決意する必要があります。

ずっと続けているのには、やっぱりいろんな理由があって、そこには失いたく
ないという思いがあります。

信頼や、安全や、快楽を失いたくない、損したくないのです。

でも、損してもいい、と思うと、肩の荷が下がり、元気になれるのです。

さて、やりたくないことをやめることができたら、いよいよ、実はやりたいけれど、
やっていなかったことをたくさん書き出してください。

食べ歩きをする、独立する、起業する、だれかにずっと好きだったんですと言う。

同じように簡単そうなものから順に番号をつけてみます。

そして今日から、そのリストの一番上に書いたことを、「やってみようかな」と
思ってみてください。

それが、「自分らしく生きる」ということです。

ここまでが、心屋さんの本の内容をまとめたものです。

私も以前はそうでした。他人からの評価ばかり求めていました。せめて自分が
やりたいことを何かやらなければ、他人からの評価が得られなくても。

それが、私の気功です。

損か得かは自分の人生の中で判断すればいいと。損をしたという方、得したと
いう方、目先では損だと思えることも、長い人生で考えれば、得になることも
あります。

気功の先生にだまされそうになり、催眠療法士の方にネットワークビジネスで
だまされそうになり、またカイロプラクティックの協会の方にだまされそうになり
ました。一見、損したかのように思っていましたが、たくさんのことに気づくことが
できました。

基準を変えれば、損得も変わります。長い目で見るほど、得したことが増えて
いきます。

損したほど、得をすると思うのです。肩の荷が下がり、元気になれるのです。

身近な例では、財布を落とした、最悪。と思うのか、ほかの人に降りかからない
ようにするにはとアイデアに結びつけることができないかと思うことは、天と地の
差なのです。

要は、自分が苦しんだことが、誰かの役に立つと思うこと、一見、損と思うことが
逆なのです。人生は回り道も必要です。

我慢が一番いけないですね

気功療法も50名以上の方が来られています。皆さんから喜びの声を聞くたびに、
気功療法がだんだんと天職となってきました。

しかし、子供たちが結婚する際など、気功療法ではかっこ悪いなぁ。私のしている
ことが足かせになるのではないかと思い悩んできました。

しかし、私が会社をやめて、気功療法でやっていくと言ったら、妻も子供たちも、
大賛成で、長男から、みんなで乾杯やなと。勇気をいただきました

私が気功をはじめた動機は、自分が弱いからこそ、もっと弱い人の力になれない
かと思ったからです。

私の信念は、「人からどう思われるかより、人のために何ができるか」です。

一生は有限、でも一生の使い方は無限です。

一歩進むだけで景色も人生も変わると思います。

どこに向かってもいい、損とか得とかよりも、どこかに一歩進んでみる。

今を幸せと思える方は、10年後も幸せではないでしょうか。