FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
マーフィー博士は、潜在意識で思っていたことが、現在の私たちを作って
いると言っています。

皆さん、頭でわかっていても、現在の否定的な状態から肯定的な状態へと
、潜在意識を書きかえるには、どうすればいいのかと感じている方が
ほとんどではないでしょうか。

希望や夢、そして病気の回復に対して、「できる」や「治る」と言い聞か
せようとしても、ほとんどの人が「やはり、無理かな」「そんなにうまく
いくはずがない」と思ってしまいます。

このような心の壁がでてくるのも、やむをえないことで、通常、脳波は
ベータ波が強くでているため、潜在意識のドア(入口)は閉じている状態
なのです。

ところが、すんなりと入力できる時間帯があるのです。マーフィー博士の
いう、夜の入眠時。

心身がリラックス、うとうととした状態のときには、アルファ波よりも
シータ波が出現します。

気功のときの深い瞑想時にもでてくる脳波です。

このとき、潜在意識と顕在意識の境がほとんどなくなり、希望や夢、
病気の回復が直ちに潜在意識に受け入れられるのです。

私はこれまでマーフィー博士の本を読んできて、いいなぁと思う文言を
書き出し、ファイルにとじております。

私自身が朝と晩に唱えている文言をはじめ、日常、いつでも使える言葉
を以下にご紹介いたします。

補足ですが、以下に記載します「神」というところは、潜在意識になり
ます。

1)不安が生じたとき
  私のなかの神にたたえます。きのうも、今日も、そして永遠に変わら
  ない神の真理を認識し、不安を克服します。

2)過去に関して
  過去は食ってしまった飯のようなもの。現在にとって何の実益ももたら
  さないことを知っております。
  過去の経験がどんなものであろうと、潜在意識に永遠の真理と生命が
  私には与えられています。

3)問題の解決
  XXXXXXXXXXの答えを教えてください。私は、その答えをはっきりと
  受け取ります。
  答えは私の目覚めた論理的な意識に与えられ、私がそれに気がつかない
  ということは決してありません。
  私は今この問題を神に引き渡します。神はその答えを私に教えて
  くれます。

  *答えという言葉を、口のなかで繰り返します。何回も何回も子守唄
   のように口ずさみます。

4)恐怖が生じたとき
  私は神とともにある。

  のんきに、落ち着いてやろう、なんとかなるやろう。私は神に守られ
  神と一体であります。

  神は私の力であり、私の安らぎです。神が平和の光を私に満たして
  います。

  神の愛は、私の中に住み、恐怖を追い出してしまいます。私は今平和
  です。

5)健康のため
  私は大いなる癒しの力が自分に備わっていると確信しています。
  大いなる癒しの力が身体をそっくり作り変え、完璧で清らかな状態に
  します。
  真摯な祈りが、願いをかなえていると私は心の底から信じています。
  あらゆる面で守られています。原子の一つ一つを作り変え、活力を
  与えてくれます。果てしない安らぎが私を包みます。

まだまだ、たくさんありますが、皆さんもマーフィー博士の本から、
自分オリジナルの文言をつくって、実践してみてください。

アメリカの心理学の父とよばれるウィリアム・ジェームスは、「過去百年
でもっとも偉大な発見は、潜在意識の力に気付いたことであると」述べて
います。

また、19世紀の偉大な心霊治療師、フィニアス・クインビー博士は、
すべての力を癒しの神にささげるよう説きました。こうして完全な創造主
のイメージを持たせるとともに、天の摂理によって定められている精神の
バランスや安らぎ、健康へと向けさせようとしたのです。
この治療は実に効果的でした。
現実のことであれこれ思い悩むのをやめ、心の中にある全能の力に目を
向ければ、問題が解決できることを説きました。

間違った考え方や不適切な暗示が病気を生むということです。

*マーフィー眠りながら奇跡を起こすCDブックから引用しています。

<最後に>
 年末・年始におこなっていただきたいことがあります。

 自分宛てに手紙を書くのです。それによって、潜在意識に思いつきと
 願望とを印象づけることができるのです。
 手紙に「かなえられた祈り」と書きつけます。それはそのとおりに
 なります。そして、封をして、机やタンスの引き出しの中にしまって
 ください。
 1年後、開封してください。きっと驚くことでしょう。


気功療法所には、たくさんのマーフィーの本があります。自由に貸し出し
ていますので、誰もが持つ潜在意識の力を生かし、充実した人生を歩んで
いきましょう。

私自身、気の力=潜在意識の力と考えております。
スポンサーサイト