FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
この世の悩みがゼロになる 小林正観 著書より

ある方が、講演会の後のパーティでこのような質問をされました。

「私の友人がついこの間、がんで死にました。その人は『世の中には
悪いことをして人にイヤがられ、迷惑をかける存在でありながら
楽しく愉快に生きている人がいるというのに、私は何も悪いことを
していないのに、なぜこんな病気になって死んでいかなければなら
ないのか。理不尽ではないか。私が何か悪いことをしたというのか』
と言いながら死んでいきました。そのことについて伺いたいのです」
と言いました。

どうしてこんな不公平なことが起きるのかというのが質問の趣旨で
した。

私はこう答えました。

「がんになって、あと数ヵ月の命と言われたとき、例えば、自分の
好きな絵を描いて何十点か遺そう(のこそう)とか、作曲したり、
好きな曲を演奏して録音して遺そうか、本を書いたり短歌や俳句を
書いて遺そうとか、そういうふうに自分の存在証明を遺すということ
で気持ちを切り替えた人たちがいます。

そのような人たちには、宣告された期間が過ぎても死なない、という
ケースが多々ありました。

あと三ヵ月と言われた人が半年も生きていたり、半年と言われた人が
1年も生き延びているという事実に驚き、病院で検査をすると、がん
細胞が消滅している、というのです。そういう例が、世の中には多々
あるようなのです。

今の方のような、『ほかにもっと悪いことをしている人がたくさん
いるのに、その人たちには何も起こらなくて、何も悪いことをしな
いできた私にはなぜこんなことが起きるのか』という質問は、自分の
運命を恨み(うらみ)、呪って(のろって)、受け入れなかったこと
のストレスゆえのものだったのかもしれません。

自分が『正しく』生きてきたかどうかではなく、問題は『楽しく』
生きてきたかどうかなのです」

「正しい」ということを人生の中に掲げて(かかげて)生きてきた
人は、多分つらかっただろうと思います。

「正しい」かどうかではなく「楽しい」かどうか、です。自分でその
生活をしていて楽しいかどうか、それを基準にものを考えるという
ことが、実はとても重要なことのように思えます。

ですから、「自分は正しい生き方をし、ほかの人は正しくない生き方
をしてきたにもかかわらず、正しい私のほうが病気を得て、正しくな
い人のほうがのうのうと生きている」と考えること自体が、すでに
自分の体にがん細胞をつくっているということになりそうです。

悟りとは受け入れること。

受け入れるためには3秒あればよいのです。

1秒目、過去のすべてを受け入れること。

2秒目、現在のすべてを受け入れること。

3秒目、未来のすべてを受け入れること。

受け入れることが悟ることです。

「こうありたい」、あるいは「こうあってはならない」と思うことは、
そのどちらも執着ということにほかなりません。

執着していることが、自分にとってのストレスになり、ストレスが
体を壊していくようです。

ここまでが本の内容になりますが、皆さんもこのように思ったことが
あるかと思います。

気功療法に多くの方が来られますが、まず病気は自分自身がつくり
だしたということを受け入れてもらいます。

次が楽しく明るく生きてきたかということです。不安や悩みをかかえ、
四六時中、悔やんでいる方が多いです。

人間なので不安や悩みはあります。意識して、努力して明るく振舞わ
ないと、すぐに過去のことや未来のことを心配してしまいます。

これまで気功療法に来られた方には、夢や希望を考え、気功手帳に書く
ようにアドバイスをしていましたが、これが難しいようです。

そこで最近は、楽しくなることを考える、さらに遠慮なく欲をもつこと
をアドバイスしています。

やってみたいこと、手にしてみたいこと、行ってみたいことなど、
小さなことから大きなことへ、ちっちゃな一歩から大きな一歩へ。

考えるだけでもワクワクしますし、免疫力も生きるエネルギーも上が
ります。

正しいことも悪くはありませんが、やはり”楽しい”が一番です。

ついでに、老化を防ぐ方法です。

眉(まゆ)と眉の間にしわを寄せなければ、年はとらないということ
です。眉と眉の間には18本神経が通っていて、そこをキュッと刺激
されると、脳が老化物質を出すそうです。

老化物質をだしたときに、止める方法もあります。それは、エクボの
ところを刺激するのです。笑顔のツボでもあります。

ただ、これは面倒なので、一番の簡単な方法は笑うことです。

楽しいことをし、笑うこと。そしてすべてを受け入れることができれ
ば、体も心も魂も生き生きです。
スポンサーサイト
「WHOが、抗がん剤の使用をやめるようにいいだした」と気功療法に
来られている方から、聞きました。

インターネット上でもたくさんの書き込みがありました。

まとめますと、こんな感じです。

WHO(世界保健機関)が、2014年5月末に抗がん剤の効用を否定したの
です。

さらに、否定だけではなく、抗がん剤の害毒を認め、それを受けて
日本でも、2014年の7月に入り、がん治療の現場で「抗がん剤を使わせ
る指導」を撤回することが決定したということです。

日本の場合、抗がん剤を「使わせる指導を撤回した」ということで、
抗癌剤を使わせないということではなく、使わせる指導を止めただけ
のようです。

つまり、使用するのを制限したり、使用を禁止したりするものではなく、
在庫分や備蓄分を使うことを容認しているということです。

気功療法に来られている方の多くが、抗癌剤治療を受けています。

このWHOの内容が事実かどうかは、なんとも言えませんが、気功療
法に来られていて、亡くなられた方の多くは、抗がん剤治療を受け、
体重がどんどん減り、体力も気力もなくなって、やがて衰弱して、亡く
なっていくのです。何人見てきたことでしょう。すごい人数です。

気を送って副作用が軽くなることはあっても、体力と気力が失われ、
回復が追いついていきません。

俳優の今井雅之(54)さんが、4月30日、東京・新国立劇場で行われ
た同舞台のゲネプロ前に会見を開いた。大腸の末期がんということ
です。たくさんのチャンネルで放映されていました。

見るからにげっそりして、強くてたくましい感じが全くなくなって
いました。抗がん剤の投与によって、体重が20キロ減ったという
ことです。

「船酔い状態に、インフルエンザで高熱がでている感じ」と、苦しみ
を表現していました。想像しただけで、最悪の状態です。

今後、体力と気力がどうなるかにかかっています。

では、どうすればいいのでしょうか。ここからは、サイモントン療法
を日本に導いた「川畑 伸子」さん著書に気功のことが書かれていま
したので、ご紹介いたします。

私が常々言っていることが記載されておりました。

*** 目に見えないものからの働きかけを信頼しよう ***

私たちの世界では、目に見えないエネルギーのやりとりが、常に行わ
れています。

アインシュタインは、「宇宙には意志がある」と表現したそうですが、
宗教的には神の働きかけと呼ぶのかもしれません。中国の教えの
”気”も、その働きかけと言えるかもしれません。

この見えない働きかけを信頼することを忘れると、不安や恐怖に苛
(さい)なまれますが、この叡知(えいち)を信頼し、自分自身を
委ねる(ゆだねる)ことができれば、心に平安や癒し(いやし)が
訪れることでしょう。

さまざまな癒し手(ヒーラー)が、信じる力が人間を救うと言って
います。

キリストは代表的な癒し人とされていますが、「私があなたを癒した
わけではなく、あなたの忠誠や信じる心があなたを癒したのです」と、
はっきり言っています。

私が初めて「気功」を体験した際に出会った気功師も、同じことを
言っていました。

その気功を紹介する会場には、14歳の重度の側湾症を患っている
女の子と母親が参加していました。

いろいろな治療を試みましたが、どれも功を奏することはなく、残さ
れた道は外科手術のみということでした。

手術の成功率は50%で、もし失敗すると半身不随の危険があるため、
どうしても踏み切れず、藁(わら)にもすがる気持ちでその会に参加
した、と涙を流しながら語っていました。

気功師は、「安心してください」と言ってその娘さんの前に座ると、
手をかざして気を送りはじめました。

そして、10分ほど経過した頃でしょうか、彼女の背中が、みるみる
真っ直ぐになってしまいました。

会場には、どよめきが広がりました。

*** 治す力は自分自身の内に備わっている ***

気功師が参加者に伝えた言葉はとても印象的なものでした。

「今、このような現象を見ると、あたかも私が特別な力を備えた、
特別な人物であるかのように見えますが、決してそうではありません。

みなさん一人ひとりの中に、自分自身を癒す力がきちんと宿って
います。

今、私がしていることは、その眠っている治癒力を呼び覚ます
ちょっとしたお手伝いです。ですから、治しているのは私でなく、
あなた自身なのです。

自分自身に素直になって、この力を信じ続けることが大切です。

自分自身の力を信じることができなくなれば、あなたの背中はまた
曲がるでしょう。

そして、あなたが自分自身を、そして自然の力を信じることができれ
ば、あなたは常に癒えるでしょう」

見ることが信じることではなく、信じることが見ることなのだと
学ばされたのです。

---- ここまでが書籍の内容です(少し端折っています)---

私の気功療法も全く同じです。

病は本人自身がつくったのです。唯一治せる(健康に戻せる)のは
本人自身です。

著書の中で、自然の力や叡知(えいち)という表現がありますが、
これはこれまでも紹介してきた潜在意識のことなのです。
または、宇宙を創造した創造主(そうぞうしゅ)なのです。

俳優の今井雅之さんにも伝えたいのですが、遅い感じがしますが。

興味深いことですが、WHO(世界保健機構)は、健康の定義を
身体面、精神・心理面、社会面にプラスして、「霊性面(スピリチュ
アリティ」の付加が協議され、評議委員会では可決されているという
事実があります。

この霊性こそが、魂であり、潜在意識でもあるのです。

心を落ち着け、潜在意識の力(気の力)を信じてください。奇跡が
奇跡でなくなります。