FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
私もそうです。家族をはじめ、大切な人たちに、ありがとうを伝える
ことができていないのです。

いつかいっしょにいることに終わりが来ます。大切な方たちに伝えら
れていますでしょうか。

この世といいますか、日本語の一番素敵な言葉、”ありがとう”には、
二つの意味があると思います。

一つは、日々のなかで潤滑油のような、”ありがとうです”。ありが
とうと言い合えることで、また伝え合うことで、お互いに気持ちがよく
なることです。

身近な方には、つい感謝の言葉を忘れてしまうものです。人は口にし
なければなかなか思いが伝わりません。

いつかいっしょにいることに終わりが来ます。どうか、感謝や温かい
言葉をかけることから始めましょう。

2015年8月19日、気功療法に来られていた女性が、お亡くなり
になりました。

8月11日まで、私とメールのやりとりをしていました。気功療法に
も、そして浜の宮公園の回復気功にも来られていました。

約2年前に気功療法に来られました。ガンの手術と抗がん剤の治療の
あと来られました。

私自身は、良く気の入る感じはわかるのですが、ご本人は良くわから
ないのです。

ほぼ同じ頃に同じ状態で、気功療法に来られた女性がもう一人います。

実は、この二人の女性は、雑誌で気功を知り、いっしょに頑張ろうと
話し合い、私の気功に来られたのです。

今回、亡くなられた女性は、最初はきっちり来られていたのです。
もうひとりの女性は、今も元気にきっちり来られています。

そして、昨年の10月の終わり、手術から1年が経ち、精密検査の
結果、「異常なしとのこと、安心しました。気功の効果、あったと
信じています」とメールで連絡が入りました。

少し気になる内容でしたが、私もうれしくなり大喜びでした。

しかし、このあとから、気功療法の予約を忘れていたり、当日の
数時間前に急にキャンセルの連絡が入ったり、11月からほとんど来ら
れなくなりました。

その後も予約を入れてはキャンセルで、正直、私も嫌気がさしていま
した。私自身、勘弁して欲しい気持ちでいっぱいでした。

すると、忘れかけていた4月に突然メールが入りました。

「先日、ガンの再発が確認(脳転移)され、9日に摘出手術をしま
す。仕事がたてこんでいた上、転勤が重なり、注意を怠っていたと
反省しています」という内容でした。

以前にも同じような女性がいて、最後の最後で、私に連絡が入り、
悔しい思いをしたのを思い出しました。

久々に気功療法に来られたこの女性は動くのもやっとで、コルセッ
トがないと首をささえることができません。

旦那さんの支えで、病院から、やっと気功療法所へ来られました。
最初の一言が、「気功療法を怠けたばかりにこうなった」と。

いくら気を送っても無理だということもわかっていましたが、全力を
尽くしました。

実は、もう一つのありがとう、それは「さようなら」のありがとうです。

この女性の旦那さんから、お亡くなりになったあと、お礼のメールが
入りました。

逝(い)く人が最後に伝えるその言葉は、自らの人生を振り返って
感謝し、それに別れを告げ、また人生を支えてくれた両親や多くの
方への感謝であり、そして自分が死んだあとも生きていく人たちへ
のエール。

送る側の人が最後に伝えるありがとうは、大切な人へのこれまでの
感謝と、逝く人の思いを胸にしっかりと生きていくという気持ち。

だいぶ暗い内容になってしまいましたが、人の明日は完全に保証さ
れていません。

この瞬間、瞬間が、最後の言葉になってしまうかもしれません。

大切な人に、言葉を尽くせずに逝くかもしれません。だからこそ、
日々感謝をもって生き、周りの人みんなに感謝を伝えていくことが
大切かと思います。

終わりは皆来ます。

終わりがあるからこそ、今を大切に生きなくてはならないと思え
ますし、そう思うからこそ、私たちはより精一杯生き、そして大切
な人たちとともに、より精一杯生きることができます。

私は、気功療法に来られた方皆さんが、この短い人生のなかで、
出会った何かがあるものだと信じています。

正直、この女性の亡くなられたことはたいへんショックです。

まだまだ私の修行が足りないのか、気功療法をどんなに一生懸命
やっても途中で去っていく方も少なからずいます。

10月末で、35年勤めた会社を退社いたします。そして、皆さんが
素晴らしい人生を歩むことを願って、気功療法に人生をかけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

亡くなられた、女性のご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
ステロイドをぬっても、スキンケアを続けても、なかなか改善できないアトピー。

しかし、信じられないかもしれませんが、アトピーは必ず改善できます。どれだけ
体液が出ていても、真っ赤に炎症していたとしても。ステロイドやスキンケアを
使うことなく、自然に改善できます。

ステロイドは肌に蓋(ふた)をかぶせる状態で、皮膚の下に毒素をためこんだ
状態、スキンケアや保湿クリームは肌の代謝を低下させます。

副作用に不安をかかえながら薬を塗る必要はありません。ダニやホコリなどの
アレルギー要因におびえなくてもいいのです。

アトピーの原因は、遺伝や体質ではありませんので、あきらめないでください。
原因が分かれば、改善策がわかります。改善策が分かれば、不安や迷いも
なくなります。

「アトピーは改善できる」、どうして、そんなことが言えるのでしょうか。

例えば、指を切ったとき。皆さんの身体は、その傷を見捨てたことがありまし
たか。まずは、血を出してかさぶたをつくって、傷を守ってくれます。そして、
それが剥(は)がれることで、キレイに治っていきます。

これまでも何度も申し上げてきましたが、体は常に健康になろうとしています。

足を切ったとしても、その足が切れた瞬間から、体は全力でその傷を治そうと
働くのです。大きな傷の場合は病院で縫(ぬ)うこともありますが、結局、治す
のは、お医者さんでもなく、だれもがもっている治癒力です。

「体は健康になろうとしている」そんなあたり前な力を、ついつい見失いがち
です。アトピーも同じです。

一般的には、「アトピーは遺伝や体質が原因だから一生治らない」、そんなふう
に思っているのではないでしょうか。

気功療法にもアトピーの方が来られますが、気によく反応する方は、どんどん
改善されていくのです。

皆さん、よく考えてください。アトピーは先進国の人にはできるのに、そうでない
国の人にはできません。また、飼っている動物にはできるのに、野生の動物には
できないのです。

遺伝や体質が原因なら、みんな同じようにアトピーになるはずです。

アトピーになる原因は、自然とかけ離れた生活の中にあると思います。遺伝や
体質の要素も多少は関係しているかもしれませんが、実際に発症するかどう
かは、人間社会そのものに問題があります。

この人間社会には、排気ガス、食品添加物、そして農薬など、体の中では処理
しきれないものであふれています。

それでも、汗・せき・鼻水。うんちなどで、体の中をキレイにできていればいい
のですが、それがうまくいかないと、いつか体内の許容量を超えてしまうのです。

コップからあふれた水のように、アトピーで皮膚からたくさん出すようになります。

一見、「かわいそう」だと思っている、その症状には、ちゃんとした意味があるの
です。どんどん悪化しているように見えるその症状が、肌を強くしていることに、
気づいていますでしょうか。

1)血や体液のかさぶたが傷ついた肌を守ってくれる
「体液が他のところにつくと、余計に悪化してしまうかもしれない」そんな心配を
したことがありませんか。しかし、体液にはアトピーを悪化させる力はありません。
むしろ、体液が、肌の傷を守ってくれているのです。

掻(か)いても血や体液が出なかったらどうなるでしょうか。肉が丸見えになり、
傷が外気にさらされることで、そこからバイ菌がはいる可能性もあります。
そうです。血や体液がでないと、危険にさらされるのです。

ティッシュで拭き取っても体液がとまらないのは、体がそれでは危険なことを
知っているからです。血や体液は時間が経つとかたまり、傷ついた皮膚を守る
役割をします。そして、自然とそれが剥(は)がれたとき、前よりも少し強くなった
皮膚が顔を出していることに気づけるはずです。

2)掻くほど治癒力は高まっていく
痒(かゆ)みの正体は、体からの反応です。体から出したい何かがあると、
体は痒みを出すのです。

多くの方が掻(か)いてはいけないと注意をしますが、実は引っ掻いて出して
あげることで、早く改善することがあります。

掻(か)いて体が傷つくことで、体は「これではいけない!」と、一気に治癒力を
そこに集中させるようです。

目の前でかきむしっていると心配になるかもしれません。しかし、それにも意味が
あると信じられたとき、日に日に肌が回復していくのを実感できるはずです。

3)汗がもっている殺菌作用が感染症を防いでくれる
汗はよくない、汗がつくところは炎症するもの。そう思うかもしれませんが、それも
誤解のようです。汗には天然の抗菌作用があることを知っていますか。

消毒薬をつけると、ズキズキと痛みます。それと同じように、汗をかくとヒリヒリする
のは、必ずしも悪化しているわけではないのです。

アトピーの時でも、汗をかくことを恐れないでください。汗をかけば、どんどん体の
中がキレイになっていきます。そして、傷も消毒されれば一石二鳥です。

そして、先ほども言いましたが、掻(か)くことも体液が出ることも、悪いことでは
ありません。むしろ、それを繰り返すことで、だんだんと肌は強くなっていくからです。

4)アトピーを1日も早く改善するための方法
それは、手をかけないということです。今はまだ、皮膚を掻(か)きむしれば血や
体液があふれてきます。しかし、それがかさぶたになり、剥(は)がれて→また掻(か)
いて→血や体液が出て→かさぶたになり→剥(は)がれて→・・・と何度も繰り替え
していくうちに、いつか、「あれ、キレイになってる」と気づく日が必ずきます。肌は
かってに強くなっていくのです。

大切なのは、その流れを止めないことです。あれこれと手をかけずに、出し切って
あげることです。アトピーの人ほど、きめが細かくて奇麗な肌をした人が多いのです。
だから心配しないでください。

5)ジュクジュク・冬のカサカサは上手に利用する
春になると、だんだんと症状がひどくなるときがあります。しかし、焦らないでください。
それは、温かくなることで、体の免疫力が高まっている証拠です。反対に、冬になる
と肌がガサガサになるのは、その乾燥を利用して、肌をリニューアルさせている
からです。

このように、『肌』や『体』の働きは、季節によって大きく変わります。肌はそれぞれ
の働きを利用して、肌を強くしているのです。

大切なのは、それを異常だと思わないこと。むしろ、そのメリットを利用しないのは
もったいないです。夏はせっかくなので、たくさん汗をかいて、体の働きを活発に
していきましょう。冬は、空気の乾燥を利用して、どんどん肌をリニューアルして
いくのです。
これを繰り返していくことで、どんな季節にも負けない肌へと鍛えることができます。

6)何かを塗らなくてはいけないという思い込みを捨てる
肌には何も塗らずに、その成長を見守ってあげることです。症状を繰り返すこと
で、肌が鍛えられていくからです。

それを分かっていても、ステロイドを塗ってしまうと言う人もいます。なぜ私たちの
体が、わざわざ、私たちを苦しませるようなことをするのでしょうか。それはそれ
自体に意味があるからです。

ストレスを感じると、体がギュッとこわばります。すると呼吸が浅くなり、ストレスで
体が緊張してしまうと、血の巡りが悪くなり、体温が下がり、代謝も免疫も下がって
いきます。

7)肌の変化は少しずつ、でも確実に
どうか焦らないでください。アトピーの症状を何度も繰り返すうちに、少しずつ肌を
キレイにしていきます。1ヶ月ではあまり変化を感じないかもしれませんが、半年
から1年ほどかけてキレイになっていきます。少しずつですが、確実にアトピーは
改善されていきます。

アトピーで苦しまれている方が、年々、増加しているのも事実です。

気功療法を通じて、気の流れ(血の流れ)を良くし、この肌の新陳代謝を早める
ことができるのではないかと実感しております。

長文にもかかわらず、いつもお読みくださり、ありがとうございます。