健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
私は、気功療法に、今回の書籍、“飯田史彦(いいだ ふみひこ)氏の
「生きがいの本質」の力”をプラスして、苦しまれている方々の心が
軽くなるように、そして少しでも元気になるように取り組んでおります。

気功療法でも、気をいくら送っても、痛みが一向に改善されない場合が
あります。

私が、気功療法をおこなっていくなかで、言い続けたことは、“潜在
意識の力のすごさ”。

自分の心が持つ潜在能力を、最大限に発揮していただきたいのです。

それでは、さっそくですが、“生きがい本質”の書籍の中から、お話を
はじめましょう。

(簡単にまとめるため、本の内容を簡略化したり、コメントを追加したり
しております)

『人は自分を「癒す力(いやすちから)」を持っている』と言います。


心療内科に来る患者さんを診ていると、しばしば、人の心の持つパワーと
いうか、心の治療というか、そういうものの存在に驚くことがある。

24歳の体格のいい男性が入院してきた。彼は、数年前に交通事故で
むち打ち症になって以来、しばしば激しい頭痛に見舞われるようになった。

最初は一般的な鎮痛剤(ちんつうざい)を使用していたが、それでは効か
なくなり、しまいには、モルヒネ用の鎮痛剤の注射をしないと治まらなく
なっていた。

その痛みはかなり激しく、一日に十本以上の注射をすることもまれでは
なかった。

当然、何度となくCTやMRI、脳波等の検査をしたが、はっきりとした
異常を発見することはできず、そのため心療内科に紹介となった患者さん
である。

彼の場合、頭痛が起こると、頭を抱え込み、一言もしゃべれなくなり、
動けなくなる。ただひたすらに苦悶(くもん)に表情を歪める(ゆがめる)。

痛みのためか、意識もやや朦朧(もうろう)としてくることもあるという。

やっとの思いで注射をしてほしいと言うのであるが、ある時、いつもの
強い痛み止めの注射を打ちますよと言いながら、生理食塩水を注射した。

もちろん、生理食塩水に鎮痛効果はない。ところが、驚いたことに、痛み
止めを打ったと同様、痛みは少しずつ軽減し、20分ほどで完全に消失
したのだ。

以来、彼に対しては痛み止めの注射は使用していない。

こんなふうに、薬理的(やくりてき)には症状の軽減がまったく期待でき
ないような製剤(プラシーボ)を使って、何らかの効果が見られることを、
プラシーボ効果という。

この患者さんも明らかに生理食塩水というプラシーボに反応している。
だからこの頭痛は心因性だ、などというつもりはまったくない。

この時ぼくは、原因がどうのこうのというよりも、患者さんの頭痛が良く
なるという事実に関心を持った。

頭痛が取れるという現実に心理的作用が関与していることは間違いない。

どのようなメカニズムで頭痛が軽減するかはわからないが、ぼくは、生理
食塩水というプラシーボが、その人の持つ「心の治癒力」をうまく引き出す
きっかけとなり、その結果、頭痛の症状が良くなったのではないかと考え
ている。

すなわち、人の心には本来、身体症状や病気を癒す力が存在しており、
それをうまく引き出すことさえできれば、それらの症状や病気を軽減、
治癒(ちゆ)させることが可能なのではと思っている。

もちろんすべての病気を「心の治癒力」で治せるなどという無謀(むぼう)
なことを言うつもりはないが、例えば、通常の治療をしながら、「心の
治癒力」をうまく利用することができたならば、一般的な治療だけをする
よりも、より一層、治療効果を上げることはできるのではないだろうか。

気ゴコロ療法院の気功療法でも、気+ココロ(潜在意識)の作用を、
うまく利用できるように取り組んでおります。

このカラクリについてですが、単に「治ると思い込んだから」という単純
な現象ではありません。

激痛が鎮まる(しずまる)ためには、何らかの治癒作用が起きていなけれ
ばならないからです。

いくら強く思い込んだとしても、実際に治癒作用が働かなければ、激痛は
鎮まり(しずまり)ません。

思い込みのあとに、何らかの治癒作用が起きるからこそ、実際に痛みが
鎮まるのです。

思い込むことによって、自己治癒力が発揮されるのです。

人の心には、本来、身体症状や病気を癒す力が存在しています。

病気をつくるのも、治すのもその人自身の潜在意識の力です。

気ゴコロ療法院では、気とココロ(潜在意識)の作用を利用して、病気だけ
ではなく、さらにその方の人生全体にまで広げていけるように取り組んで
います。

人それぞれの潜在意識が、病気の治し方でさえ知っているのですから、
人生で味わう試練(問題)の対処の仕方も、当然のように知っているのでは
ないでしょうか。

つらい時、悲しい時、悩んでいる時などに、「自分は必ず、この試練を
乗り越えていくことができる」という強い信念と希望を抱く(いだく)こと
によって、試練をつらいと思う気持ちが軽くなったり、試練を解決する
方法が見つかったりするのです。

“飯田史彦(いいだ ふみひこ)氏の「生きがいの創造」にありますように、
人はそもそも生まれる前に自分自身で計画してきた試練なので、その解決
方法や正解は、潜在意識(心の奥)では”知っている“のですから。

試験問題でも同じく、問題の横に解答があれば、勉強になりません。
人生も同じなのです。

よく運がいい、運が悪いとか言います。また、運命だからとあきらめかけ
ている方も少なくありません。

人生を計画してきているというものの、一本道ではなく、いくつもの道が
用意されています。

どの道を選んだとしても、無駄な道はないかと思います。

皆さん、一人ではありません。宗教的な感じで、変かもしれませんが、
一人ひとり、大いなる意志(創造主:そうぞうしゅ)とつながっています。

信念と希望を持つことが大切です。心の力(潜在意識の力)を大いに
利用していきましょう。

気功療法でも、気をいくら送っても、痛みが一向に改善されないカギも、
実はここに隠されています。

病気は見えない部分にこそ、原因があるのです。

①心が病み→②一滴ずつ潜在意識にマイナスの意識が入り→③身体の病気

人間の精神作用というものは、このようにたいへん面白いです。
安心しただけで、痛みが無くなったなどということは沢山あります。

病気--->まず「心」の病ということです。

本人に治す意識、いや治す無意識さえあれば、ほとんどの病気は克服でき
ると思います。

きっと治らないんだ。死ぬんだ。という空想のほうが怖いのです。
      
<引用文献>生きがいの本質(元福島大学教授 飯田史彦著)
スポンサーサイト