健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
息つく暇もない日々を過ごす安倍晋三総理。

安倍総理は、大学卒業後、私が入社しました株式会社神戸製鋼所
(加古川製鉄所)に勤務しておりました。

私が入社する2年くらい前のようです。

体調が気になるところですが、安倍総理は、ある健康法を実施して
いるとのことです。

その名も、ハーバード発の「4-7-8呼吸法」。息が詰まる国会を、
この呼吸法で生き抜いているというのです。

安倍総理は、これをやると落ち着けるそうです。
潰瘍性大腸炎の持病を抱え、常に健康不安説が流れる安倍総理。

我が国のリーダーは、呼吸法で健康を維持しているというのだから、
一体、どんなものなのか、否が応(いやがおう)でも気になるとこ
ろです。

『4-7-8呼吸法』は、ハーバード大出身で、健康医学研究者のアン
ドルー・ワイル氏が20年ほど前に提唱しました。

まず、口から完全に息を吐き切った後に、

①鼻から4秒間息を吸い、
②7秒間息を止め、
③8秒間かけてゆっくりと口から息を吐き出す呼吸法です。

ワイル氏は、西洋医学と代替医療をあわせた統合医学のオピニオン・
リーダーとして知られています。

先に紹介した懇親会での安倍総理自身の発言から、もう少しこの呼吸
法について補足します。

これを最低、4回以上繰り返すと、心身ともにリラックスできる。

「4-7-8呼吸法」を修得すると、床に就いてから、1分で眠ることも
できるそうです。

ワイル氏が来日した際に、安倍総理は食事をする機会があり、その時、
彼から直々(じきじき)に『4-7-8呼吸法』を教わったそうです。

そもそも、我々が日々、生活していくにあたって、何気なくしている
呼吸にどれだけ気を使うべきなのか。

まず、一生涯で6億回から7億回もすると言われるその呼吸に関して、
山野医療専門学校副校長の中原英臣氏(医学博士)が説明。

人間の筋肉には、意識的に動かす随意筋(ずいいきん)と無意識に
動く不随意筋(ふずいいきん)の2種類がありますが、呼吸は両方の
側面を持っています。

普段は無意識で行っていますが、意識的に息を止めることもできます。
呼吸だけの特性とも言え、これは、呼吸が健康と深く結びついている
証(あかし)と言えるのです。

次は、呼吸リハビリテーションの専門家で、文京学院大学 保健医療
技術学部の柿崎藤泰教授が説明。

現代社会において、特に都心で暮らし、慌ただしい生活を送っている
人たちの中には、浅い呼吸をしている人が多い。

ストレスなどで交感神経が刺激を受けると、呼気、つまり吐く息より
も、吸気、すなわち吸う息のほうが多くなります。

結果、長く息を吐くことができず、体内に空気が溜まります。

この量を残気量と呼びますが、これが増えると苦しさを覚えると同時に、
呼吸困難になる危険性が生じます。

さらに、浅い呼吸を続けると呼気の不足を呼吸の回数で補おうとします。

しかし、呼吸も筋肉運動なので、回数が増えれば疲れやすくなります。

また、姿勢が悪いと背中が丸まり、お腹や胸が圧迫され、深い呼吸の
妨(さまた)げとなりますが、姿勢を良くしようとすると、やはり
交感神経が刺激されて、結局は浅い呼吸につながりかねない。

とにかく、『努力しないこと』が、深い呼吸をする基本です。

ただ息を吸い、吐くだけのことでも、「正しい呼吸」となると意外に
難しいようである。

理想的な呼吸時間の比率は、『吸気1』に対して『呼気2』とされて
います。

長く息を吐くことで副交感神経が刺激され、リラックス効果が生まれて、
集中力が高まるんです。

安倍総理がやられているという『4-7-8呼吸法』も、吸気と呼気の割合が
1対2になっています。

息を吸うと脈が速くなり、血圧が上がります。他方、吐くと脈は遅く
なり、血圧は下がります。

長く吐くと脳内物質のセロトニンが分泌され、落ち着く効果があります。


『4-7-8呼吸法』は、息を長く吐くことができ、かつ一定のリズム運動
であることから、心と身体の健康にとても良いことだと思います。

はじめから何秒と決めるのは、なかなか難しく、とりわけ7秒間、息を
止めるのは意外と苦しいものです。無理のない自分に合ったリズムで
いいです。

生命をつかさどる呼吸、一番大切です。

         <参考>2015年9月21日 YAHOOニュース

★ 歩きながらできる呼吸法 ★

歩きながらだれでもできますし、血行がすごく良くなります。散歩しな
がらできます。

□「1呼 1吸 (いっこ いっきゅう)」
 初心者は、まずはこちらから、初めてみてください。1回長く息を吐い
 て、1回吸う。  
 
 歩きながら、リズムをとりながら

 ①口から吐く--(フーー--) 1~8歩
 ②鼻から吸う(一気に吸う)   9歩目
 
 *やりやすい歩数でいいです。上記は、私の場合です。

□「3呼 1吸 (さんこ いっきゅう)」
 徒歩のリズムに合わせて、3回息を吐き、1回吸う。これを『3呼1吸』と
 言い、やってみると分かりますが、歩行リズムにちょうど合い、慣れる
 と無理なくできます。
 
 歩きながら、リズムをとりながら

 ①口から吐く、吐く、吐く(ハッハッハー--) 1~8歩
 ②鼻から吸う(一気に吸)           9歩目
 
 *やりやすい歩数でいいです。上記は、私の場合です。

私は、犬(ラフ:スタンダード・プードル オス8歳 人・犬・猫・
ボールが好き)の散歩中に、手動式のカウンターを持ち、100回おこ
なっています。

皆さんも、歩きながら数回から初めてみてください。

★ お知らせ ★

気ゴコロ療法院では、「奇跡を起こす ありがとう」プロジェクトを、
9月から始めました。

1日千回、トータル10万回、「ありがとう/ありがとうございます」を
言うプロジェクトです。

コクヨの手動式カウンターと記録ノート(手作り)をお渡ししております。
費用は、一人千円となります。

現在、11名の方がチャレンジしております。

言霊(ことだま)による潜在意識の活用で、言葉のすごさと大切さを
実感してもらっております。

チャレンジしたい方は、ご連絡ください。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。
スポンサーサイト