健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
まずは、血管について、お話しいたします。

1)血管について

人の体全身には、血管が張り巡らされています。
足の先から頭のてっぺんまで、ほとんど隙間(すきま)なく、びっしり
張り(はり)巡(めぐ)らされています。

血管は、3種類があります。動脈(どうみゃく)、静脈(じょうみゃく)、
毛細(もうさい)血管(けっかん)です。

これらの血管をすべて合わせると、どのくらいの長さになるか、知って
いますか。私もびっくりしました。

なんと、全長で、10万キロメートルです。地球の赤道を、2周半できる
長さです。すごい長さですよね。

そして、最も細い毛細血管は、赤血球より小さくなります。
赤血球より細い血管を、赤血球はどうやって通り抜けるのでしょうか。

赤血球は、コンニャクのように柔らかいため、細長い形に変化して、
細い毛細血管を通り抜けることができるのです。

ちなみに、血液が全身を一巡りする時間は、およそ1分です。
1分で、地球を2周半しているわけで、信じられない早さです。

心臓から送られた血液が、体全身を巡り、血液は、酸素、栄養、
水分などを細胞に運びます。

細胞から出された二酸化炭素や老廃物などを取って、尿などとして、
体外に運び出します。おかげで、手足が動き、脳が働きます。
素晴らしい体の神秘です。

私たちは、神秘的な力によって、今ここに、生きています。

生まれたときから当たり前のようにある体ですが、感謝しなければ
いけませんね。ありがとう、血液さん、血管さんです。

それでは、本題の高血圧の話に入ります。

私が、23歳ぐらいだったかと思います。会社の健康診断で、
何度測定(そくてい)しても、最高血圧が140mmHgを越えていま
した。

このあと、会社からの指示により、病院で再検査をすることになり
ましたが、やはり最高血圧が140mmHgを越え、高血圧と診断され
ました。

病院からは、1週間分の薬(降圧剤)が処方されましたが、自分自身
で原因がわかっていたので、服用しませんでした。

ちょうどこのとき、仕事はうまくいっていない状態であり、また車で
事故を起こしてしまい、精神的なダメージが半端ではなかったのです。
そして、この不安な気持ちが、最高血圧を押し上げていると、自分自身
でわかっていたのでした。

2)高血圧のガイドライン

高血圧患者が4千万人、高コレステロール血症3千万人、糖尿病は予備
軍を含めて2300万人・・・・と、日本人にはすごい数の「病人」
がいることになっています。

これは、薬を売るための策略としか思えません。「このぐらいからは
治療したほうがいいよ」という高血圧の基準が、たいした根拠もなく
どんどん下がっているのです。

長い間、最高血圧の基準は160mmHgだったのが、2000年に
140に、2008年のメタボ検診では、ついに130にまで引き
下げられています。

50歳を過ぎたら「上が130」というのは一般的な数値ですから、
たいてい高血圧患者にされ、降圧剤を飲んで「治療」するハメになる。

体内の状況は人によって違います。それを一定の値で「血圧が高い」
と線引きすること自体に無理があります。

その結果、薬品業界はホクホクです。1988年には降圧剤の売り上げ
がおよそ2千億円だったのが、2008年には1兆円を超えて、20年
間で売り上げが6倍に伸びています。
血圧商法、大成功ですね。

高血圧の基準となる数値が10低くなると、血圧の患者さんが1000
万人増えるという現実があることを知っている方は少ないのではない
でしょうか。

総コレステロール値も、日本人は高いほうが長生きだと10年以上前
からわかっているのに、基準値はなかなか上がりません。

コレステロール低下薬のスタチン類は年間2600億円の売り上げが
あって、関連医療費はその3倍と言われています。

問題は、血圧やコレステロールを薬で下げると、数値は改善しても
早死にするリスクが高くなること。世界中の数万人規模の追跡調査で
はっきりしています。

ここで体験談を二つご紹介いたします。
こう言われると
「まさか、そんなことあるわけない!」
「高血圧は、薬を飲まないといけないって聞いたけど・・・」
こんなことを思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし高血圧になっても、生活習慣や考え方を変えることで、血圧を
調整できます。なお、この冊子では考え方は省きます。

高血圧に限らず、最近では「薬では、本当の解決は得られない」と話し
たり、本を出版したりするお医者さんも増えてきています。

<<例:65歳・男性・トラック運転手>>
ある日、頭の後ろ側がパンパンに張った感じで、夜も眠れないように
なり、病院に行くと高血圧と診断されました。健康には自信があった
だけに大きなショックでした。

危機感を感じ、食事を一から見直し、身体のことを考えた食生活に
変えていきました。また慣れないながらも、自ら身体を動かすように
心がけました。

すると1ヵ月ほどで血圧が安定し、頭の痛みもなくなり、体調も良く
なりました。以前にもまして、仕事に汗を流しています。

<<例:65歳・女性・主婦>>
パートの仕事をしながら、家庭を守り、ようやく子育てを終えました。
体調がすぐれず病院を訪れた時、高血圧だと診断されました。

頭が重たく、起きているのもしんどくて、すぐに横になりたくなる
ようなだるさが、続いていました。

この方も、少しでも身体を動かすようにと、散歩をし始め、食生活も
身体のことを考えたものに変えていきました。

すると、1ヵ月ほどで、血圧も安定し、だるさや疲れも無く、寝つき
や目覚めも良くなりました。また、つらかったひざの痛みも毎日歩い
ていると、ずいぶん楽になりました。

このお二人は、なぜ血圧を安定させることができたのでしょうか。

何も特別なことをした訳ではありません。毎日の生活を見直し、血圧を
安定させるコツをつかんだことで、身体にある自然治癒力(しぜんち
ゆりょく)が働き、本来の健康を取り戻したのです。

実は、お二人がそのことに気づいたのは、“血圧の仕組み”を理解した
からだったのです。

3)血圧が高くなる仕組み

「塩分のとりすぎ」、「太りすぎ」、「ストレス」など、様々な理由が
あげられますが、もっとも問題なのが、血液中に過剰な栄養分が余っ
てしまい、血液の流れが悪くなる『ドロドロ血液』なのです。

「血がドロドロになる」とは、血液の中の余分な栄養が、のりのよう
に赤血球にくっつくことで、赤血球同士が鎖(くさり)のようにつな
がってしまい、血管の中が流れにくくなってしまうのです。

そうするとひどい場合には、血管が詰まってしまい、脳梗塞(のうこう
そく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)などを引き起こしてしまう
恐れがあります。

しかし、私たちの身体はよくできたもので、そうならないように、
身体の中では、自然に安全装置が働くようになっています。

つまり、血がドロドロになり、血管の中を流れにくくなると、私たちの
心臓は、身体のすみずみまで血液を送り出そうと、一所懸命に動いて
くれるようになるのです。

このように心臓が血液を送り出すために圧力を強めた状態。これが、
高血圧と言われる状態です。

◎血がサラサラになると、血管の中を血が流れやすくなります。
       ↓
◎そうすると、身体の中の血の循環、つまり、血のめぐりがよく
なります。
       ↓
◎すると、心臓の負担が少なくなり、血圧が下がって安定します。

では、どうすれば、血の「めぐり」がよくなり、血が「サラサラ」に
なるのでしょうか。


4)簡単!15分で血のめぐりがグーンとUP

では、血のめぐりをよくするのに、最も効果的なことは、運動なのです。
「なんだ、そんなことかぁ・・・」と思われるかもしれませんが、
身体を動かすことで、確実に血のめぐりはよくなります。

ご紹介したお二人も、散歩をして身体を動かすことで、血のめぐりが
よくなっていったのです。

男性は一日に1時間ほど、女性は週に2~3日、1回1~2時間ほどの
散歩を続けました。その習慣が血のめぐりをよくしたのです。

散歩(ウォーキング)は、身体に負担をかけず、酸素を取り入れながら
カンタンにできる有酸素運動の代表格でもあります。

また、散歩の中に「その場スキップ」を取り入れてください。毛細血管
は、年とともに、細胞同士の「接着」が甘くなってしまいます。

すると血液が途中で漏れ出してしまい、毛細血管の劣化を引きおこし
ます。しかし日ごろから十分な血流があると、細胞がお互いにくっつき
あって、血液の漏れを防ぎ、健康な毛細血管を生み出してくれるのです。

その場スキップで、ふくらはぎのポンプ機能を強め、足の下の方か
ら血液を戻す力を高める効果が期待出来ます。

散歩の時間についてですが、最初から1時間は、さすがに難しいか
もしれませんが、10分程度のカンタンにできることから、はじめ
てみてください。その場スキップも1分ぐらいからはじめてみてく
ださい。

でも、そうは言っても身体を動かす習慣もないし、また時間もなく、
なかなか始めにくいなぁという方におすすめなのが、「血圧気功法」
です。ここでは、気功法の一部をご紹介します。

①肩回し:前から後ろ、後ろから前へと回します。肩や肩甲骨の
裏側の血液やリンパ液の流れがよくなります。
上げるときに息を吸って、下ろすときに息を吐きます。

②呼吸法:口から、細く長く、ゆっくりと息を吐いていきます。
   吐ききったところで、鼻から空気を吸い込みます。
      吐くときには、身体全身の力をぬきます。

5~10分ほど続けましょう。

③腕さすり:腕から指先への血流UPのマッサージをします。

④耳こすり:手のひら全体で、耳ツボを刺激します。      
耳の表、裏をこすります。

⑤かかと上げ:親指から小指に順番に体重を移動させていき、
かかとを上げていきます。


5)ドロドロからサラサラへ

これは、高血圧だけでなく、ほとんどの病に言えることですが、
食べ過ぎが要注意なのです!!

◎食べ過ぎてしまいます。
    ↓
◎吸収しきれない余分な糖や脂肪が、血の中に残ってしまいます。
    ↓
◎余分な栄養分が、赤血球同士を鎖のようにくっつけて、血が
流れにくくなります。
    ↓
◎ドロドロ血液になってしまいます。

健康法として、断食(だんじき)や少食が取り上げられるのも、
この仕組みが関係しています。

よく“腹八分目が病なし”と言われますが、この身体のメカニズム
からも正しいことがわかります。

食べすぎは、身体にとって大きな負担になっているのです。また、
食生活では、塩分をひかえる、緑黄色野菜を食べる、海藻類を
食べると言いますが、私にはできませんし、続けられません。

そこで、カンタンに誰もができることをご紹介いたします。

それは、お酢なのです。皆さん、知っていましたか。お酢は、
1万年前から存在する最古の調味料の一つなのです。

疲労回復や消化吸収をよくしたり、殺菌作用があったりと、幅広い
効果があります。

このお酢が、血圧にとっても強い味方となってくれます。お酢に含ま
れている「クエン酸」は、血液の中の血小板が固まるのを防いでくれ
る働きがあります。

つまり、血がドロドロになるのを防いで、血を流れやすくしてくれ
ます。しかも、お酢の効果はこれだけではありません。

お酢を飲むと、身体の中に「アデノシン」という物質が発生します。
このアデノシンは、狭くなった血管を広げて、血液を流れやすくして
くれるのです。

さらに、クエン酸は、ガンにもすごく効果があるということがわかっ
てきました。

では、お酢をどのようにとればいいのでしょうか。
それは、果実酢(かじつす)です。

例えば、リンゴ酢とキウイの場合は、

①保存できる瓶(ビン)にリンゴ酢を入れます。
     ↓
②そして、キウイの皮をむき、輪切りにして入れます。キウイ
2個分入れます。
     ↓
③角砂糖を入れます。
     ↓
④そして2週間で完成です。
     ↓
⑤2週間後、コップ1杯に大さじ2杯分のリンゴ酢+キウイを入れ、
水またはお湯を注いで飲みます。

リンゴ、バナナ、ブドウなど、いろいろな果物といくつかのお酢を組み
合わせることにより、たくさんの効果が期待できます。

それでは、今回の高血圧対策(血圧の安定対策)をまとめますと、
以下の三つになります。  *免疫力も高まります!

◎身体を動かす(散歩)。または血圧気功法をおこなう。

◎食事は腹八分。
よく噛んで、ゆっくり食べれば、満腹中枢の働きによって、食事の
量を少なくできます。だいたい15分で満腹中枢が働きます。

◎お酢をとる。おすすめは果実酢。


6)高血圧は自然な身体の反応
              (埼玉県 おおみや診療所の松本医師)

そもそも年齢を重ねると血圧が高くなるのは、自然な身体の反応で、
病気ではありません。
年とともに、血管も老化し硬くなります。そして、硬くなった血管を
通って血液を身体のすみずみまで届けるには、血圧を上げて、力一杯
(ちからいっぱい)に血液を押し出す必要があります。

こうして加齢と共に血圧は高くなりますが、それは身体にとっては
自然なことで、年齢に90をプラスした数値が血圧の適正値となります。

つまり、60歳なら150、70歳なら160が適正な血圧です。

7)降圧治療で脳梗塞(のうこうそく)の恐れが2倍に

「血圧が高いと脳卒中が心配」と言う方も多いかもしれません。
しかし、2006年12月31日の日経新聞の記事で、降圧治療で脳梗塞の
発症率が2倍に増えるという論文が発表されました。

脳梗塞は、脳の血管がつまり、脳の組織や細胞が死んでしまう病気ですが、
実は、心臓は血圧を上げることで、脳の血管につまったゴミを押し
流そうとしています。

そこに薬で無理やり血圧を下げると、ゴミは残ったままで血液の流れが
弱まり、脳梗塞を起こす危険が高くなってしまうのです。

脳梗塞や心筋梗塞など、最初に気功療法に来られる方に、よく質問を
します。

質問の結果、こういった血液の詰まりが原因となる症状の多くの方は、
ほとんどと言っていいほど、以前から降圧剤を服用しているのです。

血液は、体にとってもっとも大切です。降圧剤や血液をサラサラにする
薬を、症状によっては一時的に服用するのはしかたないことかもしれ
ません。

しかし、“長期間”または“あたりまえ”に服用するのはどうかと思い
ます。

身体を動かし、食生活での工夫をしながら、医師との相談のうえ、薬の
量を減らしていく、または服用をやめればいいかと思います。

ぜひ、皆さまの健康な暮らしのサポーターとして、お役立てください。

一人でも多くの方が、自然に血圧を調整でき、毎日イキイキと健康に
すごしていただけることを心から願っております。
 

<参考>
・医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生き
 する方法               (近藤誠医師)
・自然治癒力をともに高める会の冊子

スポンサーサイト
食事は、呼吸と並んで、「気」をとりいれる方法の一つになります。
食という漢字は、“人が良くなる”ということです。

一般的には、「体の調子が悪いから、しっかり食べて体力をつけよう」、
「バテ気味だからスタミナをつけるために、食べておかないと」ダメ
だと思い込んでいるのです。以前の私も同じでした。

別の冊子でも食べ過ぎについて、説明をしておりますが、これは、世の
中にある重大な誤解の一つ。

「体力をつけるため、病気を治すために、たくさん食べる」というのは、
間違いです。

食事のとりかたに関して、まずは「少食」を心がけましょう。

以下は、参考書籍を元にしてまとめております。

私の方で、書籍の内容を省略したり、変更を加えたり、簡潔にしており
ます。詳しくは、書籍を購入して、読んでみてください。

1)食べすぎは「万病のはじまり」
人間の体は、「たくさん食べるほど気が充満する」ようにはできていま
せん。

逆に、たくさん食べれば食べるほど胃に負担がかかり、気を消耗します。
しかもカロリーを過剰摂取(かじょうせっしゅ)すると、当然のこと
ながら太ってしまいます。余計な脂肪が増えた分、大事な気も浪費する
ことになり、糖尿病や高血圧といった生活習慣病にかかりやすくなる
だけです。

脂肪やカロリーの多い食事は、血液をドロドロにします。
カロリーのとりすぎによる肥満は、乳がんや大腸がん、子宮体がんと
いった、がんにかかるリスクを上げてしまいます。

がん、脳血栓、心筋梗塞、心臓病、胃炎、痛風、胆石・・・・
病気の原因の多くは、食べ過ぎによる血液の汚れにあるのです。まさに、
食べすぎは「万病のはじまり」なのです。

よく「腹8分目」と言いますが、「腹6、7分目くらいで十分」と思って
います。そして、できるだけその食事量を乱さないこと。昨日は満腹以上
の11分目まで食べたけれど、今日は忙しかったので4分目と、ムラが
あるのは体によくありません。

2)“長寿遺伝子”をオンにする食べ方
実際、最新の科学でも「少食」が、糖尿病や認知症を予防し、若返りや
長寿をかなえることが明らかにされてきています。

米国ウィスコンシン大学がアカゲザルにおこなった実験によると、必要
カロリーの30%ほど制限したエサを与え続けたとき、がんの原因と
なる活性酸素の発生がおさえられ、若返り長寿遺伝子である「サーチュ
イン遺伝子」が活性化することが実証されたというのです。

小食(しょうしょく)にしたアガゲザルは、毛がふさふさでシワがほと
んどなく若々しい、また通常の量のエサを食べ続けたアカゲザルは、毛が
抜けて老け込んでしまっていました。

サーチュイン遺伝子は、地球上のほとんどの生物が「飢餓対策」として
獲得した寿命を延ばす生命共通の働きで、この遺伝子のスイッチがオン
になると、内臓や皮膚、血管、骨など体のあらゆる場所が若く保たれ、
寿命が延びるそうです。

サーチュイン遺伝子は、私たちの誰もが持っていますが、ふだんはスイッ
チがオフになっており、カロリー制限をしたときにオンになるのです。

この事実は、NHKスペシャルでも『あなたの寿命は延ばせる~発見!
長寿遺伝子~』というタイトルで放送されています。

3)NHKスペシャルの概要 *インターネットより
『あなたの寿命は延ばせる ~発見!長寿遺伝子~から』
「サーチュインと呼ばれる特定の遺伝子を活性化させれば、人間の寿命
は10年延びることがわかってきました。

そう断言するのはアメリカを代表する名門・マサチューセッツ工科大の
レオナルド・ガレンテ教授だ。

ガレンテ氏が発見し、サーチュインと名付けられたDNAが、いま大きな
話題となっている。

人間を含む多くの生物が保有するというサーチュイン遺伝子は、老化の
原因といわれる活性酸素の発生を抑制し、免疫細胞の暴走を食い止める
機能をもつ。その結果、老化の進行を遅らせることができ、寿命を延ば
すことにつながるというのだ。

「サーチュインは普段は眠っている状態にあります。しかし、その機能
を最大限に引き出すことができれば、動脈硬化やアルツハイマー病など、
加齢に伴う病気の発症を遅らせることができるんです」

さらに現在までの研究では、認知症や加齢性の難聴、しみ、しわなどの
進行も抑制する効果があるといわれている。まさに「不老長寿」を司る
(つかさどる)ような遺伝子なのである。

そんな人類の希望を背負った「長寿遺伝子」を宝の持ち腐れにしない
ためには、サーチュインのスイッチをONにしなくてはならない。その
方法として「カロリー制限」をあげている。

根拠として紹介されたのは、アメリカ・ウィスコンシン大で20年以上に
わたり実施されている、アカゲザルの実験だ。

同大の研究チームは、アカゲザルを2群に分け、一方のグループに与える
食事量だけ通常より30%減らし、互いの比較データを取り続けたという。

現在、アカゲザルたちは人間で言えば70歳を超える高齢となっている。

一般的なカロリー量を与えられたグループは、その半数が死んでしまっ
たが、カロリーを制限されたグループは、なんと8割以上がまだ生きて
いるというのだ。

フロリダ大学加齢研究学部助教授の染谷慎一氏は、自身の研究結果を
もとに解説する。

「同様にサーチュイン遺伝子をもつマウスでも、カロリー制限された
ほうが必ず長生きする。やせていて、生活習慣病の発症も遅く、健康
状態が長く保てる。

カロリー制限というのは、ありとあらゆる生物に保存されているメカニ
ズムなんです。サーチュインは、その時に生き残るために、エネルギー
の使いすぎを抑え、そのストレスに反応して活性化されるようです」

4)お腹が「グーッ」と鳴るのを楽しむ
お腹が「グーッ」と鳴るのは、空腹を知らせるサインですが、だからと
いって、あわてて食事をかき込んだりしてはいけません。

しばらくは、この「グーッ」の時間を楽しむようにします。

なぜなら、このときこそ、「生命力遺伝子」の中の「サーチュイン
(長寿)遺伝子」が発現しているからです。

この遺伝子によって、体中の遺伝子をこのサーチュイン遺伝子がみる
みるスキャンしてくれて、傷ついているところをどんどん修復してくれ
るのです。

老化もガンも、遺伝子の異常が原因といわれています。このサーチュ
イン遺伝子を発現させることで、若返りやガン予防が可能だということ
にもなるのです。

<youtubeより「体を老化させる原因は !驚愕、若返り遺伝子スイッチ
オン」>

○ポイント1:空腹を感じたら、しばらくキープ!。30分~1時間後 を
        目安に食事をするとよい。

○ポイント2:空腹時のコーヒー、お茶はNG!
       カフェインが入ったものは避けよう。吐き気やめまいを 招く
       こともあるため。麦茶などカフェインレスのものを選ぼう。

○ポイント3:「腹6~8分目」を目安に。食べる量が減れば、必然的に
         お腹が早く空き、空腹の時間も長くなる。腹8分目から
         スタートし、少しずつ6分目程度まで抑えられるとよい。
         茶碗やお皿を小さいサイズに変えて、量を減らす。

満腹に食べるということを避けて、空腹を感じる時間を意識的に増やす
だけで、老化を遅らせて、若返るのなら、これはやらないてはありま
せんね。

11月に気功療法を受けに30代の男性が来られていました。症状は
首のコリと肩全体のコリの施術でした。

3回目の予約が、お昼の12時からでしたので、お昼は食べられました
かと尋ねました。

すると、”お昼は食べていません。10年前から一日一食なのです”と
答えられました。

”おーすごいですね”と応えると、10年前に白血病になり、10mも
歩けなくなったとのことでした。

病院での抗がん剤は、あまり効果が期待できず、ノルウェーの留学時代
に、木こりの職業の方は、腰痛予防のために、一日一食というのを思い
だし、また甲田先生の断食療法を見て、一日一食をはじめたそうです。

その結果、見事に白血病を克服したそうです。この方いわく、糖尿病も
一日一食で治ると力強く語られました。

最初の一週間は苦しかったようですが、体重も変わらず、今も続けて
いるとのことでした。

食べ過ぎも体へのストレスです。お腹が”グーッと鳴ったら”少し
ガマンです。

2018年も、引き続きよろしくお願いいたします。

最後まで、お読みくださり、ありがとうございます。

<参考書籍>
・病気を自分で治せる「気」のパワー 元気な100歳をめざす心身強化
バイブル 著者:丁 治紅(てい じこう」
・「空腹」が人を健康にする 著者:南雲吉則(なぐも よしのり)