FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
カラダにうれしい玄米豆乳ヨーグルトについて


発酵(はっこう)とは簡単に説明すると、微生物(びせいぶつ)およびそれらの
酵素が有機(ゆうき)化合物(かごうぶつ)を分解し、人間にとって有益な物質
をつくりだす現象です。

これと似(に)たような現象で腐敗(ふはい)があります。腐敗は人間にとって
有害なものがつくりだされる現象で、どちらも微生物が関与していることが
特徴です。        
出典発酵食品の秘密 偉大なる微生物の力

【発酵(はっこう)食品(しょくひん)にはカラダにうれしい効果がいっぱい!】
・抗(こう)酸化(さんか)(アンチエイジング)効果
・免疫力アップ効果
・整腸(せいちょう)効果
・美白・保湿効果
・デトックス(ダイエット)効果 などなど、


1)種(たね)菌(きん)の作り方

発芽(はつが)玄米(げんまい)を使います。ビンに玄米を小さじ1杯入れ、豆乳
は玄米が隠れる程度に入れます。

途中、玄米が水分を吸って豆乳より頭がでないようにします。

吸って玄米が上から見えた時は豆乳を足します。

※玄米は、過(か)発酵(はっこう)や乳酸菌以外の菌の大量培養(ばいよう)を
 防ぐためにも先にしっかり洗ったほうが良いようです。過発酵対策には、
 湯で洗うと効果的との声もあります。

1回目の発酵は2日~3日かかります。夏は1日で出来るかもしれません。
トロッと固まってきたら1回目の発酵は完了です。

2回目の発酵に入ります。1回目の豆乳の高さの倍の位置まで豆乳を入れます。
この時は玄米を下に沈めておきたいので、クルクルとかき混ぜないでください。
菌が発動しているので、2回目は6時間ほどで固まります。

最後、3回目の発酵に入ります。2回目と同じように、ヨーグルトの高さの倍の
豆乳を入れ、また常温に置いておきます。

前よりも菌が元気に沢山活動しているので、5時間ぐらいで固まるかもしれま
せん。種菌が完成したら冷蔵庫で保管します。

*TGGヨーグルトで検索(写真付を見てください) 出典ameblo.jp

*私もこれからやってみますが、気功療法に来られている女性が、上記の
 やり方 に沿って、種菌をつくっています。私は皆さんに作っていただい
 た種菌をもらっ ています。


2)ヨーグルトの作り方

①ヨーグルトにするには、この種菌を大さじ2~3杯ぐらいに、豆乳1リット
 ルと混ぜます。必ず右回りでグルグルと、10回くらい混ぜます。

 <豆乳について> 大豆固形分9~11%、無調整豆乳

②上面の気泡を取り除きます。フタをして固まるまで常温に置いておきます。
 固まるのに、夏場で6~8時間、冬は10時間以上かかります。固まった
 あと、冷蔵庫で保管します。


3)ヨーグルトの食べ方

①種菌を大さじ2~3杯ぐらい、別の入れ物に取り分けます。
  
 *私の家では、大さじ4~5杯ぐらい別の小さなビンに取り分けています。

②取り分けた分以外のヨーグルトを食べます。雑菌の繁殖(はんしょく)を
   考慮して、1週間以内に食べきるようにしてください。

   *私はヨーグルトを直接いただいておりますが、妻や息子は「Cal
    beeフルグラ(いちご、パパイヤなどが入ったもの」を入れていた
    だいております。

次は取り分けていた種菌に豆乳を混ぜて、ヨーグルトを作ります。

そして、上記①と②を繰り返していきます。

ちなみに、上記①と②を繰り返していけばいくほど、菌が力をつけて熟成度が
増し、美味しくなるという、これが発酵マジック。


4)基本的なヨーグルトの食べるタイミング

人の体は、1日の中で、朝は排泄(はいせつ)、昼は食べたものを消化(しょうか)
し栄養の補給、夜間は吸収(きゅうしゅう)というリズムがあります。

朝にお通じがあったり、夜遅くに食べると太りやすいことからも、このリズムは
実感できると思います。

こうした体のリズムには、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」
があり、22時~翌2時がその時間帯だと言われています。

この時間に合わせて腸を整えるヨーグルトを食べることで、腸のゴールデンタイ
ムをさらに後押しすることができるというのです。

ヨーグルトを食べるタイミングは、基本的には夕食後です。

なるべく就寝の2~3時間前には、食べ終えるようにします。


5)便秘傾向の方がヨーグルトを食べるタイミング

グリコ乳業が行った実験では、便秘傾向がある女性を三つのグループに分け、
グループごとにヨーグルトを食べる時間を、朝食後30分以内、昼食後30分以内、
夕食後30分以内としてもらいました。

そして、毎日それぞれのグループの人たちに、決められた時間にヨーグルトを
食べ続けることを一ヵ月間続けてもらいました。

その結果、どのグループも便秘は改善されましたが、最も便秘の改善傾向が
強かったのは、朝にヨーグルトを食べた人のグループで、最低だったのはなん
と夜のグループでした。

ただし、なぜ朝食後にヨーグルトを食べると便秘が改善するのか理由はまだ不明
のようです。

また、この実験では効果として、わかりやすい便秘の改善を基準にしていますが、
ヨーグルトの効能は便秘の改善だけではありませんので。

皆さんもお試しください。
スポンサーサイト