FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
ガンはよく早期発見、早期治療といわれていますが、末期だからといって、
間に合わないということはないと考えています。

早いに越したことはないと思いますが、末期だからといって、遅いという
ことはありません。

私の個人的な考えですが、病院でどれだけどういった治療をしてきたかが
大切に感じます。

抗がん剤、放射線などの治療を、長く受けてきた方は、気が入りにくいです。
気の通り道が閉ざされているのか、施術がしづらいのです。

それより、やっかいな所や手術ができないなど、医者から見放されて何の
治療も受けていない、言い換えますと何の治療もできない方がやりやすいです。

理由としては、体を痛めていない(気の通り道が閉ざされていない)ので、
気の効果がでやすいと感じています。

薬を長年、そしてたくさん飲んでいる方ほど改善しにくい、しかし薬事法や
医師法に触れますので、あえて私からは「薬をやめなさいとか、病院での今の
治療をやめなさい」とか言えません。

抗がん剤を続けるとこうなりますよとか、飲んでいる薬の重大な副作用とか、
事実は伝えるようにしています。

最終的にどうするかは、結局、本人の判断です。

気の力を心から信じて、自ら「私は病院へはいかない。気功だけでいきます」
という方は気合が入ります。効果も高いのです。

病院へも行く、抗がん剤もやる、気功もやる、健康食品もとる、他の民間療法も
やる、という方は困難な面があります。正直なところ、気合が入りにくいです。

交通事故など、外的に力を加えられていない限り、難病でも改善しやすいと
実感しています。

脳に気を送りだすと、どこどこが悪いとか関係なく、全身が癒されていきます。

もうひとつ大切なことがあります。それは、だれもがもつ心の中の偉大な治癒力
です。

治癒力は、潜在意識の持つ力の一つです。すべての病は、ストレス=ネガティブ
な考え。これに反応しなければ、肉体は何ものにも影響されません。

心と体は一体です。恐怖や不安は、肉体に現れます。

絶望、悲しみ、不安を受け入れてしまうと、ずっとつきまとうことになります。
それらの感情を直ちに追い払うための希望が必要です。

健身練では、この心の葛藤(かっとう)を克服する「すべては良い方向に向かって
いること」、常に健康に保とうとしている生命の原理について、説明しており
ます。

今、健身練の気功療法に来られている方で、長年の闘病生活と多くの手術により、
お医者さんの治療はもう受けないと覚悟を決めた方がいます。
昨日、メールをいただいたのですが、その中の一部です。

「今日受診で、何もせずに経過を診て欲しいと言いました。先生方は悪くなる
一方と、信じているので、ホスピス等転院先を決めるように言われ、水曜日に
病院の地域連携室で相談することになりました。私は元気になるのだから、そんな
の必要も無いとも思うのですが、....。あんた長くないでという態度を
取られるのもイヤだし...。私自身は、全く死ぬ気はしてません!
周りのみんなにも絶対に大丈夫と言っています」

西洋医学を否定する気はないのですが、人の生命力が無視され、潜在意識に
死を刻印するようなことはやるべきではありません。生命力のすごさがわかって
いません。

気という目に見えないもので、病気が治っていく状態をとおして、世の中は
目に見えるものだけでできていないことを知らせていきたい。

今回のブログの内容を見て、否定する方も多いかと思いますが、私=健身練は
気のすごさをしみじみ感じ、信念をもってまい進していきます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kennshinnrenn.blog67.fc2.com/tb.php/144-4058cf0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック