健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
気功療法にこられている方の中には、血圧が高くなった、低くなったと
一喜一憂する方がおられます。そして、血圧の薬を飲んだほうがいいの
か、また病院に検査に行ったほうがいいのか、尋ねられます。

以前買った本に面白い内容が書かれていました。

たとえばの話、あなたが病院で働いているとしよう。

机の上には、2人の患者の心電図が置かれている。

一人は時計の機械のように、どこをとっても規則正しい間隔の波形を示して
いる。ところが、もう一人のほうは、あるときは鼓動が早く、あるとき
はゆっくり、またあるときは完全に入り乱れた波形で、激しい変異のある
ものだった。

さて、重病なのは、どちらの患者だろうか?

波形の変動が激しいほうが病気にちがいない、とふつう答えるだろう。

でも残念でした!ハズレなのだ。

不規則な心拍こそ、日常生活のあらゆることに対応できる健康でノーマルな
心臓なのである。

一定で変動のない波形はその逆である。生命の危険が訪れると、身体は
すべての力を内に集中させ、心臓は一定のリズムで鼓動を打つようになる。

それぞれの臓器もなんとか最低限だけ働こうとするのだ。

健康とはいってみれば、すべての力が平衡バランスを保っていることでも
ある。ただ、この目標に達することは、まず無理なのだ。

でも、それでいい。なぜって、完全な平衡というものは死んでからしか
ありえないのだから。

この心臓のリズムのように、自然法則が、混乱と秩序との間を行ったり
来たりして、人生に豊かさを加えている状態、それが生きているという
ことなのだ。

ここまでが、本の内容になりますが、心身共に常にいい状態のはずはあり
ません。常に自然も身体も移り変わっています。血圧もそのなかの一つの
指標です。

血圧の値にしても、人それぞれ違いますし、そのときの状態などによって
変化します。自分の中のもう一人(潜在意識)は、生きるために、良いこ
とのために、休みなく、変化に追随(ついずい)しつづけています。

たくさんの方が病気で苦しみ、悩まれております。早朝気功をはじめる
きっかけ、それは一喜一憂する自分をなんとか変えることができないか、
ということでした。

この6月で、丸7年になりますが、少しだけ理解できるようになりました。

それは、”人生は不完全だからこそおもしろい”ということです。

ただ、意識を少し変えるだけで、いつでもどこでも、幸せを感じることが
できるし、私たちみんな、大自然のすばらしい空間のなかで、とても有り
難く、感謝することができるということです。

まず一つ目ですが、四季の移り変わりは、突然ではなく、私たちがほとん
ど気づかないくらい、当然のように静かに起きています。

自然はせきたてることはしません。けれども引き止めることもしない。また、
人間と違い、執着もせず、永久に変化し続けています。

今朝の鶴林寺の桜の花もそうですが、盛りのときと枯れるとき、という四季
の移り変わりは、まさに今を大切に生きることや、別れの悲しさを克服する
勇気、幸せな瞬間を他の人々と分け合うことなどを教えてくれています。

春、夏、秋、冬を同じように思える方は、うれしい贈り物をもらうこと
になります。いつも意識的に気づくことができる、という幸せです。

自然は私たちに親しい合図を送ってくれています。それを感謝して受け止め
る人は、それに応えて季節に微笑み、生きる喜びを増すのです。

二つ目ですが、太陽です。太陽が沈むとき、真っ赤な雲のすばらしいショー
となります。ついつい見とれてしまいます。朝日が昇るとき、まぶしい
火の玉のエネルギーから、生きる力を受け取ることができます。

日々の生活から少しだけ抜け出し、朝日を見るという一日の始まりを
体験することは、たぶんあなたにもできます。

まだ、眠いかもしれないけれど、新しい日の光への憧れが、心を満たして
くれます。

私たちみんな、不完全ではありますが、すばらしい空間で、生命をつなげて
おります。ないものねだりより、いまあるものに意識を変えてみてはいかが
でしょうか。


ちなみに、”ありがたい”の反対は、”あたりまえ”です。”成功”の
反対は失敗ではなく、”なにもしないこと”です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kennshinnrenn.blog67.fc2.com/tb.php/176-d20292af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック