FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
数日前、夜テレビをつけると”たけしの番組”でしょうか、深く眠る方法
が紹介されていました。眠る前の2時間は食事をしてはいけません。なぜ
なら消化のため成長ホルモンがでません。さらに部屋を暗くして寝るなど
の紹介がありました。見られた方も多いのではないでしょうか。

さらに私なりに深く眠るコツと言いますか、ずっと”みずみずしく生きる
コツをご紹介いたします。

気功療法に来られる方の多くは、病気による薬の影響をはじめ、精神面で
の薬の影響によって、たくさんの方が睡眠障害で悩まされています。

気功療法では、気という物質と潜在意識の両面から原因を導きだしていき
ますが、以下のようにご本人による生活習慣の改善も重要となります。

それでは、本題にはいります。

深くよく眠れると、成長ホルモン(修復ホルモン)が大量に分泌されます。
ここで決め手になるのが、メラトニンです。
睡眠、目覚めで重要な役割を果たすホルモンです。メラトニンがしっかり
働くようにすれば、つねに質のいい眠りを確保することができます。

メラトニンには、免疫力を高める働きや、身体のさび止めになる作用も
あります。健康はもとより、美容にも活躍してくれます。

メラトニンは、脈拍、体温、血圧を低下させることによって、睡眠と目覚め
をうまく調整し、自然な眠りを誘う作用があります。

ここからが大切です。

朝、太陽の光が目に入ってから、16時間ほど経たないと、眠気を誘うほど
の量のメラトニンが分泌されません。個人差はありますが。

朝6時に起きると、夜9時ごろから分泌がはじまり、成長ホルモンの分泌が
活発になっている10時から11時ごろになると、眠気を誘います。

そして、夜中に分泌レベルが高まり、朝方、目覚めるレベルに下がります。

外が明るいとメラトニンはほとんど分泌されません。眠る前に部屋を暗く
すると眠りやすいのは、このメラトニンの作用に関係あるからです。

たけしの番組で、部屋を暗くするとういのはこのような理由からです。

年齢を重ねるとメラトニンの分泌は減っていくようです。朝が早く、夜中に
何度も目が覚めるのは、このせいです。

メラトニンの分泌低下を防ぐには、毎日の起床・睡眠時間を規則正しいもの
にすることです。

そこで、朝起きたら部屋のカーテンを全開にして、日光をとりいれます。
メラトニンの分泌が止まって眠気がとれ、スッキリと目覚めることができ
るのです。

次に、就寝時には部屋を真っ暗にします。メラトニンが大量に分泌され、
寝つきが良くなるからです。

年齢と重ねるとメラトニンの分泌が減ると言いましたが、補う方法があり
ます。それは、食べ物で分泌量を増やすのです。

メラトニンを増やすには、精神の安定作用があるセロトニンという脳内
物質を必要とします。

このセロトニンの材料になるのが、アミノ酸の一種であるトリプトファン。
このトリプトファンを豊富に含む食材は、納豆、豆腐などの大豆製品です。

また、レタスやキャベツ、白菜、バナナにもトリプトファンが含まれて
います。

つまり、深く眠るためには規則正しい生活づくりと食べ物です。納豆が健康
に良いということで、スーパーでもたくさんの種類がおかれるようになり
ました。

今回は紹介しませんが、納豆には納豆キナーゼという酵素が含まれていて
血栓を予防する効果もあります。寝ている間に作用するということもあり、
できるだ夜に納豆をいただくことがポイントです。

<納豆・豆腐・みその効果>
 多くの女性が更年期障害で悩まされておりますが、とっておきの方法
 があります。それは、納豆や大豆製品に多く含まれるイソフラボンを
 使うのです。

 イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用があります。

 更年期障害をやわらげ、ずっと若い身体を保つためには、今から基礎
 代謝力と”ホルモン力”をつけることです。

 ホルモン力はイソフラボンの力を借ります。納豆や豆腐、みそなどの
 大豆製品をとるといいです。

納豆が嫌いな方は、豆腐やレタスなどを食べるようにしてください。

私の尊敬します帯津三敬病院の帯津先生は、年中、湯豆腐を食べている
とのことです。どの書籍か忘れましたが、毎日の湯豆腐が前立腺肥大を
予防しているのではないかと書かれていました。

今日・明日からできることをまとめてみますと。
①規則正しい生活リズムをつくります。朝、6時に起きてみます。
②起きてすぐにカーテンを全開にし、日光をとりいれます。
③大豆製品をとります。
④寝る2時間前に食事を終わらせます。
⑤朝晩呼吸法をすることです。セロトニンが分泌されます。

IT化やインターネットの普及、そして24時間営業のコンピニなど、
昔のように日の出とともに働き、日没とともに終わるという生活リズム
ではなくなりつつあります。

しかし、上記のことを少しでも意識していただき、本来、人間(動物)
に備わった生活リズム(体内時計)を正しくすることにより、免疫力、
自然治癒力をアップさせることができるのです。

深い眠りが元気の源でもありますし、みずみずしさを保つコツです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kennshinnrenn.blog67.fc2.com/tb.php/194-4188d516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック