FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
私も今までそうでした。
皆さん、定年まであと何年とか、年金を満額までもらうのに
あと何年働く必要があるのかといった、マイナス的な思考を常に
もっているのではないでしょうか。

気功療法や健康気功に来られている方と接してきているなかで、
いろいろな事実が見えてきました。また、たくさんの書籍からも
学びました。

人は、自らの思考によって自分を老いさせてしまうのです。

とくに最近は、何かと高齢者、高齢者と、除け者みたいな発言が
多く、また将来の自分の介護のことを心配して、ネガティブな
目標のイメージがセットされてしまう恐れがあります。

つまり、老いることを考え、その到来を恐ると、知らぬあいだに
潜在意識に刷り込まれ、それをもたらしているのです。

ある書籍に、なるほどなぁといった文章がありました。

活発な肉体的活動をやめると、えてして関節のしなやかさが失わ
れるのだそうです。

また、運動をしないと、毛細血管が収縮して消えてしまい、体内を
めぐって組織を活気づける血液の供給が大幅に減るようです。

この逆で、毛細血管を広げ、すべての体組織に血液を送り、老廃物
を取り除くためには、運動が必要なのです。

私の思いとしてのキーワードは、「仕事、人生を引退しない」こと
です。

現役を引退すると、急に老けてしまう人が多いと感じます。

会社での退職を迎え、活発で生産的な生活が終わり、自分の仕事は
やり遂げたと思い、期待するものがなくなります。

そして退屈し、活動しなくなり、自尊心をなくすことも多くなります。

すると疎外感にとらわれ、自分は重要な(必要な)存在ではない
ように思われ、急に老け込んでいくのです。

こうして、役たたずで、もう価値のない、高齢者扱いをされ、使い
古しのお荷物的な自己イメ-ジを作り上げていきます。

私の知っている方もそうでしたが、引退後、病気になり、数年で
亡くなってしまうケースも以外に多いかと思います。

仕事を引退したというより、人生を引退してしまったからです。

自分自身で役たたずと感じ、また現在社会の風潮が拍車をかけて
いるのも要因です。

ずいぶん前の心理学者は、人の知能は25歳がピークで、そのあと
は下り坂と、しかし最近は35歳あたりでピークになり、70歳を超え
るまで、そのレベルは維持できるとのことです。

いつでしたかテレビで、90歳を過ぎても、ピアノの先生をして
いる女性を見ました。さらに気功療法に来られている79歳の
ブテックの経営者の女性は60代前半にしか見えません。

二人に共通する点は、存在感があり、一生現役で、毎月、好きな
コンサートや講演などに出かけ、楽しんでいるのです。

肉体的なエネルギーやスタミナは、若い時と比べて落ちていきま
すが、偏見のない心、そして好奇心や冒険心(チャレンジ精神)を
いつまでも持ち続ければ、いつもいつもワクワク感でいっぱいです。

生きている限り、学んで(チャレンジして)、学んで、学びつづけ、
そして自分が学んだことを人に伝えて、生まれる前の故郷に帰るのです。
本当にしあわせだったという思いを、魂の故郷へ持って帰りましょう。

全知全能なる神に大切な命をいただき、そして両親から名前を
いただきました。宇宙に一つしかない宝物。すごいことです。

自分がやりたいこと、かなえたいこと、どんどん口に出し、行動
しましょう。

やりたいことをいつも言っていると、また行動していると、その
うちに本当に実現したいことに出会えます。

私の場合は、潜在意識の研究から、気功療法にたどり着きました。

年金のことより、退職の残り年数より、人生をまっとうすることが
大切です。

するとエネルギーもでますしね。いつまでも若々しくなりますしね。

いつも読んでくださり、ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kennshinnrenn.blog67.fc2.com/tb.php/225-cf446f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック