FC2ブログ
健身練(けんしんれん)の活動を通じて得た健康情報をご紹介します。 http://www.eonet.ne.jp/~yorokobi/
人生を豊かに、そして感謝の言葉、それは「ありがとう」です。

以下に、二種類の“ありがとう”について、説明いたします。

1)人生を変える「ありがとう」
朝起きて、ベッドから下りる前に、「ありがとう、ありが
とう、ありがとう」と百回言ったとします。

そうすると、脳は突然不安定になる。なぜ、現象がないの
に、「ありがとう」なんだろうと。

このように、先に「ありがとう」を百回言うと、脳は、
ありがとうの合理的な理由を探しはじめるらしいのです。

カーテンを開けた瞬間に太陽の光がパーッと差し込んだら、
「あー、うれしい。ありがとう」と叫ぶ。これで一回。

さらに、白いご飯に湯気が立っていると、「あー、 ご飯が
おいしそうだ。ありがとう。早く起きて、ご飯を作ってくれ
て、ありがとう」と叫ぶ。これで二回。

脳は、合理的な理由・説明がないと不安定になって、その
現象を探しつづけます。

現象がないのに、先に「ありがとう」を百回言ってしまう
と、脳は「ありがとう」の現象を一生懸命探そうとする。

そうすると、その日の朝から、目にするものに対して、
「ありがとう探し」が始まるのです。

それで、起きて「ありがとう」を百回言って、一時間たって
百個「ありがとう」を見つけて、またそこで「ありがとう」
を百回言うと、脳はまた不安定になって、百個の現象を探し
はじめる。

「ありがとう」を言った人は、一日中ずっと「ありがとう探し」
をして、脳が「ありがとう」に満ちあふれながら一日を終え
ることになるのです。

同じように朝起きたときに、「あー、幸せ」と理由もなく
言ってしまいましょう。

「あー、幸せ」と二十回言った瞬間に、「あー、幸せ」に
相当する現象を二十個探そうとするので、「これも幸せ」、
「あれも幸せ」ということになる。それで、「あー、幸せ」と
言ってしまった結果として、幸せ探しをはじめることになり
ます。

結局のところ、私たちが、目の前の現象をどう思うか、どう
感じるかであって、「幸せ」という名の現象が宇宙に存在
するわけではありません。

だから、普通に歩けることが幸せだと思った人には、幸せが
一個。 目が見えることを幸せだと思った人は、幸せが二個手に
入る。

耳が聞こえて幸せ、口で物が食べられて幸せ、鼻で呼吸が
できて幸せ・・・・というふうに考えていったら、いくらでも
幸せが手に入ります。

脳は、先に出してしまった言葉に対して、不条理(ふじょうり)・
不合理(ふごうり)を認めなくて、合理的(ごうりてき)な事実を
それに当てはめて解釈(かいしゃく)しようとする非常に変わっ
た性格をもっている。

先に「幸せ」「ありがとう」と言ってしまうと、その瞬間から
突然に脳は「幸せ」を探しはじめ、ありがとう探しをはじめ
るようにできているらしいのです。

もし、起きたときに、「つらい」「悲しい」「苦しい」「つま
らない」「嫌だ」と二十回言ったとする。そうすると、いきな
り脳が、その合理的な理由を探しはじめます。

「ありがとう」という言葉は、ものすごく力をもっているので、
なるべく多く言ったほうがいい。

そのときに別に心がこもってなくてもいい。「ありがとう」を
言いつづけて臨界点(りんかいてん)を超えると心から感謝の念が
わき上がってくるようになるのです。

複雑骨折した人が病院のベッドで、「ありがとう、ありがとう」
と言いつづけたら、全治三か月と言われていたのが、一か月で
治ってしまった話。

それから、脊髄(せきずい)を損傷して三か月は絶対安静で、もし
かすると脊髄(せきずい)が切れてしまって、半身(はんしん)不随
(ふずい)になってしまうかも しれないと言われた人が、上を向い
て「ありがとう、ありがとう」と言っていたら、治ってしまった
という話。

そういう話をある方が聞いて、とにかく心をこめなくても「あり
がとう」を言いはじめた。食べるときと人と話すとき以外は、
ずっと言いつづけていた。

一日目と二日目は何ごともなかったそうです。三日目になり、
数千回言っていたら、突然、涙がどっと出た。そして、本当に
心の底から「ありがとう」と思えるようになったそうです。

そういう気持ちで、身のまわりのものを見たら、優しい気持ち、
感謝の心、ありがとうの心で、自分のほうに話しかけてくるのを
感じたそうです。

言葉にはエネルギーがあり、とくに「ありがとう」には最高の
エネルギーが宿っています。

繰り返すことにより、マーフィーの法則でいう 潜在意識にすり
込まれ、「ありがとう」の現象がつぎつぎに起こるのです。

一日を、ありがとうにはじまり、ありがとうで終わってはいかが
でしょうか。

「ありがとう」の波動は最高です。たくさんの奇跡を、あたり前に
呼び寄せてくれます。皆さんも、ぜひ、やっ
てみてください。

<ありがとうの語源>
 「有り(あり)難(がた)し」から来ている。有り難しというのは、
存在しにくいこと、有り得ないことを、そう呼んだそうです。
つまり、神・仏が何か「あり得ないこと」を起こしてくれた場合に
使った言葉でした。
 
神・仏をほめたたえ、賞賛(しょうさん)する言葉として、「ありが
とう」、「有り難し」、「有り難い」という言葉が存在したのだそ
うです。人に使われるようになったのが、室町時代以降のことだ
そうです。

2)もう一つの「ありがとう」
私もそうです。家族をはじめ、大切な人たちに、「ありがとう」を
伝えることができていないのです。

いつかいっしょにいることに終わりが来ます。大切な方たちに
伝えられていますでしょうか。

この世といいますか、日本語の一番素敵な言葉、「ありがとう」
には、さらに二つの意味があると思います。 一つは、日々の
  なかで 潤滑油(じゅんかつゆ)のような、「ありがとうです」。

ありがとうと言い合えることで、また伝え合うことで、お互いに
気持ちがよくなることです。身近な方には、つい感謝の言葉を
忘れてしまうものです。

人は口にしなければなかなか思いが伝わりません。潤滑油(じゅん
かつゆ)として、感謝や温かい言葉をかけることが大切です。

それでは、もう一つの「ありがとう」とは、何でしょうか。

昨年、気功療法に来られていた女性が、お亡くなりになりました。

気功療法にも、そして浜の宮公園の回復気功にも来られていま
した。ガンの手術と抗がん剤の治療のあと、気功療法および回復
気功に来られていました。

最初は気功療法にも回復気功にも、きっちりと来られていました。
そして、手術から1年が経過し、精密検査の結果がメールで入り
  ました。その内容は、「異常なし。安心しました。気功の効果、
  あったと信じています。」という内容でした。

しかし、このあとから、気功療法の予約を忘れていたり、予約当日の
数時間前に急にキャンセルの連絡が入ったり、さらに回復気功にも
まったく来られなくなったりしました。

すると、約半年後、突然メールが入りました。

「先日、ガンの再発が確認(脳転移)され、摘出手術をします。
仕事がたてこんでいた上、転勤が重なり、注意を怠(おこた)って
いたと反省しています」という内容でした。

以前にも同じような女性がいて、最後の最後で、また私に連絡が
  入り、悔しい思いをしたのを思い出しました。

久々に気功療法に来られたこの女性は、動くのもやっとで、コル
セットがないと首をささえることができません。

旦那さんの支えで、病院から、やっと気功療法所へ来られました。
最初の一言が、「気功療法を怠(なま)けたばかりにこうなった」と。

いくら気を送っても無理だということもわかっていましたが、全力を
尽くしました。

実は、もう一つのありがとう、それは「さようならという感謝」の
「ありがとう」です。

この女性の旦那さんから、お亡くなりになったあと、お礼のメールが
入り、その後、挨拶(あいさつ)にも来られました。

逝(ゆ)く人が最後に伝えるその言葉は、自らの人生を振り返って
感謝し、それに別れを告げ、また人生を支えてくれた両親や多くの
方への感謝であり、そして自分が死んだあとも生きていく人たちへの
エール(ありがとう)。

また、送る側の人が最後に伝える「ありがとう」は、大切(たいせつ)
な人へのこれまでの感謝と、逝(ゆ)く人の思いを胸にしっかりと生き
ていくという気持ち。

人の明日は完全に保証されていません。この瞬間、瞬間が、最後の
言葉になってしまうかもしれません。

大切な人に、言葉を尽(つ)くせずに逝(ゆ)くかもしれません。だから
こそ、 日々、「ありがとう」の感謝を、周りの人みんなに伝えていく
ことが大切かと思います。

終わりは皆来ます。終わりがあるからこそ、今を大切に生きなくては
ならないと思えますし、そう思うからこそ、私たちは精一杯生き、
そして大切な人たちとともに、さらに精一杯生きることができます。

今回は「ありがとう」について、書きましたが、これからの人生に
  役立てていただければと思います。

  最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


<参考書籍>
 小林(こばやし)正観(せいかん)さんの「そ・わ・か」の法則より
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kennshinnrenn.blog67.fc2.com/tb.php/247-170921d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック